↓FXで悩んでいませんか?当ブログを読むと苦しみから解放されます
メインコンテンツ



【注目】管理人のセオリーさんが2000万円突破した、具体的な秘訣を公開中

TOP > CATEGORY - FXの売買ルールの作り方

FXのルールの作り方の基本は、仮説検証繰り返し

FXの売買ルールの作り方を学んで、
いざ、自分ルールを作ろうとしたときに、

忘れてはいけない一番大切なことは、

「仮説⇒検証⇒繰り返し」
だとつくづく思う。
FXのルールの作り方は、仮説検証繰り返し


さらに言えば、

1つ目の仮説で一発で良い検証結果が得られる可能性は少ないので、

その検証結果を元に

それを修正するのか?廃案とするのか?を

決断する必要がある。

このあたりはFXの経験がものを言う。

初心者には判断が難しいところだろう。





FX売買ルールの作り方のPOINT


1、基礎となる手法は、書籍やネット上で知ることができるものを利用する。
2、その手法で、とりあえず検証してみる
3、改善点が見つかれば、もう1度仮設を立ててみる
4、検証する
5、廃案にするか、さらに修正するかを判断する







手法自体を0から考え出そうとすると
時間ばかりかかって無駄に終わる可能性が高い。

だから、
手法自体は
FX書籍やブログから情報を頂くのが都合が良い。

しかし、
そのままでは勝てないので、
その手法のメリットデメリットを肌で感じるために

検証作業をする。


検証が終わったら、オリジナル手法として落とし込めるように
利益確定、損切り設定など、
どうすれば理想的なトレードとなるかを仮説を立てる。

仮説を立てたら
再度検証をする。


こういうことは、
FXで勝ちたいならば
当たり前のようにしているはずだと思うのだけど

あなたはしていますか?



この記事とか重要なんで、絶対に読んでおくようにしてください。 セオリーさんのプロフィール読むだけでもヒントがありますよ。

>>> FXで悩んでいませんか?管理人のセオリーさんが2000万達成の秘訣を公開!!





↓あなたがFXで勝てない理由はコレだ!
セオリーさんの課題をやると理解できるようになります

メインコンテンツ




ランド円でお困りなら
当ブログ訪問者の72.5%の人が読んでいます
↓お役に立てる記事になっています↓ ランド円大損バナー



↓ランド円の相場見通しはコチラ
メインコンテンツ
FXの売買ルールの作り方 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015/05/16 13:35

FXルールが強気だと危険?こんなルールを作るとポジれない病患者を生み出します

こんなFXの売買ルールは作っちゃ駄目!


1つ目は、



勝率が悪すぎる上に、損大利小
これは当たり前ですが、
ドローダウンが大きくなりますので勝てる要素がありません




2つ目は、



勝率が良いけれど損大利小
勝率が良い手法は利益が小さいものですが、
このルールも危険を伴います、
連勝しているときは良いのですが、
うっかり連敗してしまったときに精神崩壊して
ドローダウンが大きくなりますので勝てる要素がありません




代表的な2つの作ってはいけないルールを紹介しましたが、

FXのルールを作ったはいいが・・

絶好のエントリー場面なのに怖くてエントリーができない!

慎重になりすぎてエントリーできない!という

病気がFXでは存在します。


俗に言う、


ビビリ病
チキン病
ポジれない病



と言われているものです。




意外かもしれませんが、
初心者の人がかかってしまう「ポジポジ病」よりも重症になります。




FXでトータルで勝っていく為には

「損切りを必要経費と割り切り」
利益が見込めそうなところで躊躇なくエントリーすることで
利益を増やしていくことが必要ですが、



利益の望める所でエントリーを躊躇して、
とんでもないところでエントリーして損切りになってしまった場合、
トータルで利益を残す期待値が極端に下がってしまいます。


エントリーしない、できない!
ことも、トータルで負ける要素になることを
どうか覚えておいてください。



エントリーを厳選しすぎることは、
必然的に「待つ時間」も長くなりますので


やっとエントリーできて
ポジションを持ったときの思い入れ度が
半端なく大きくなりがちです。


絶対に上がると思い込んだり
絶対に下がると思い込んだり
このトレードで絶対利益確定する!と決め込んだり・・・


そんなときに
3連続損切りなどにあうと
「精神的に崩壊」してしまいます。



ポじれない病を発生している人の特徴は、


・過去に大きな損をしてしまった人
・勝率にこだわりすぎる人
・心配しすぎる人


このような特徴がありますが、


その他にも、


売買ルールを作る際に、
ドローダウンが大きな手法を選んでしまっていることがあげられます。


ドローダウンが大きい手法だと
「トータルでは勝てる可能性があっても」
一時的な損失拡大で破綻する可能性もあります


過去のシミュレーションにおいて
ドローダウンが大きいことが分かっていると
リアルなトレードのときに心のブレーキがかかってしまいます。


ですから
必ず、自分の資金量に見合ったドローダウンで済むような
手法を確立できるようルールを作成することが


とっても大切なのです。


あまり強気なルールを着くのは
副作用を伴います。


----------------------------------------------

セオリー流のFXトレード手法では
ポじれない病の克服をするトレーニング課題を
やってもらいます。
驚くほど、効果が期待できますよ

興味がある人は ⇒ コチラ




この記事とか重要なんで、絶対に読んでおくようにしてください。 セオリーさんのプロフィール読むだけでもヒントがありますよ。

>>> FXで悩んでいませんか?管理人のセオリーさんが2000万達成の秘訣を公開!!





↓あなたがFXで勝てない理由はコレだ!
セオリーさんの課題をやると理解できるようになります

メインコンテンツ




ランド円でお困りなら
当ブログ訪問者の72.5%の人が読んでいます
↓お役に立てる記事になっています↓ ランド円大損バナー



↓ランド円の相場見通しはコチラ
メインコンテンツ
FXの売買ルールの作り方 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015/03/13 17:36

移動平均線を利用した売買ルールは難しい。

こんなFXの売買ルールは作っちゃ駄目!



短期移動平均線と長期移動平均線を表示させて
ゴールデンクロスなら買い、
デットクロスなら売り、


このように推奨しているブログが相変わらず多いですが
移動平均線のみを用いて売買する手法は基本的にNGです。


移動平均線の活用法は
「相場環境を認識する」ためならば
とっても有効になります。


以前
セオリーさんも

移動平均線を下抜けたら売り!など
いろいろ仮説を立てて
過去チャートでシミュレーションしてみましたが


いやぁ
タイミングを待つのも面倒ですし
気がついたときには、すでに大きく下落してしまってますし・・


シミュレーションだと抜群の結果を出していたとしても
動くチャートだと
実に難しいものです。



ですから移動平均線のみを用いたエントリーとエグジットの手法は
避けるべきです。



移動平均線というのは
何度も言いますが、
ローソク足の結果にすぎないので


ローソク足を見やすくしただけにすぎません。


セオリーさんも表示させることはありますが
移動平均線のみでトレードすることは
ありません。


デイトレMAXとかで勝ててる人いるのか疑問です?



この記事とか重要なんで、絶対に読んでおくようにしてください。 セオリーさんのプロフィール読むだけでもヒントがありますよ。

>>> FXで悩んでいませんか?管理人のセオリーさんが2000万達成の秘訣を公開!!





↓あなたがFXで勝てない理由はコレだ!
セオリーさんの課題をやると理解できるようになります

メインコンテンツ




ランド円でお困りなら
当ブログ訪問者の72.5%の人が読んでいます
↓お役に立てる記事になっています↓ ランド円大損バナー



↓ランド円の相場見通しはコチラ
メインコンテンツ
FXの売買ルールの作り方 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015/03/12 17:07

FXで月に100PIPSを稼ぐと10万円の利益

FXの売買ルールを作るときは、目標PIPSを設定せよ!


FXで月収10万円を稼ぐ方法として、
10LOT(10万通貨)で月に100PIPS獲得することが
ベストだと考えます。

勝率は40%から50%で
損失1に対して利益は2以上あれば十分可能です。


1日に
1回から2回のトレードで終わらせることもできます。


手持ちの
資金量が多くあれば


20LOTにまで引き上げることで
月に20万円にもなります


ルールを複雑化して
勝率を高くすることは可能ですが
それにも限界がありますし、
複雑化すればするほど、実践で疲れてしまいます。


勝率は50%程度でも
利益を残せるルールがあるのならば


急いで、
過去1年分を検証しましょう。



そのようなルールが
2つ3つと確立させていけば
月に300PIPSから400PIPS程度までは増やすことができます


すると、
月収10万円どころか、100万円も可能となります。


セオリーさんの場合も
この考え方でやってきました。



月に1000PIPSとか高勝率とかを
目指すと、途中で挫折しますから
時間の無駄ですよ。



この記事とか重要なんで、絶対に読んでおくようにしてください。 セオリーさんのプロフィール読むだけでもヒントがありますよ。

>>> FXで悩んでいませんか?管理人のセオリーさんが2000万達成の秘訣を公開!!





↓あなたがFXで勝てない理由はコレだ!
セオリーさんの課題をやると理解できるようになります

メインコンテンツ




ランド円でお困りなら
当ブログ訪問者の72.5%の人が読んでいます
↓お役に立てる記事になっています↓ ランド円大損バナー



↓ランド円の相場見通しはコチラ
メインコンテンツ
FXの売買ルールの作り方 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/10/02 15:06

FX売買ルールが有効かどうかは、トレードしない時間帯を除外して検証すること

トレードしない時間を作ること、
つまり、捨てる時間を作ること。
これによって大幅にトレード技術が向上します。


やらない時間を決めることで
トレードの質が上がります。


私の場合は
深夜から朝方、
それとほぼ午前中もやりません。


ですから
ルールを作成するさいに
過去チャートで検証をした場合も


今後自分がトレードをしない時間帯での
検証はしません。


トレードしない時間帯の
検証をしても完全に無駄ではありませんが


それよりも
トレードする時間帯の検証を
徹底的にしたほうが


得ですよ。



東京時間、ロンドン、NYと
それぞれ特徴がありますが


東京を見捨てると決めたら
それだけでも
ロンドン、NYの検証に
時間を費やすことができます。


深夜と朝方も除外することで
さらに時間を費やせますね。


検証をすると分かりますが
東京、ロンドン、NTと
それぞれ相場の特徴が違いますので、


ロンドン以降は通用するけれど
東京時間では通用しないルールの可能性もあるのです。



FX売買ルールを決めるポイントは捨てる時間を作ること



この記事とか重要なんで、絶対に読んでおくようにしてください。 セオリーさんのプロフィール読むだけでもヒントがありますよ。

>>> FXで悩んでいませんか?管理人のセオリーさんが2000万達成の秘訣を公開!!





↓あなたがFXで勝てない理由はコレだ!
セオリーさんの課題をやると理解できるようになります

メインコンテンツ




ランド円でお困りなら
当ブログ訪問者の72.5%の人が読んでいます
↓お役に立てる記事になっています↓ ランド円大損バナー



↓ランド円の相場見通しはコチラ
メインコンテンツ
FXの売買ルールの作り方 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/09/28 23:35
 | HOME | Next »