↓FXで悩んでいませんか?当ブログを読むと苦しみから解放されます
メインコンテンツ


↓ランド円の相場見通しはコチラ
メインコンテンツ
TOP > ARCHIVE - 2014年08月

FXの替え歌 超有名な1曲

名曲なのでぜひ
あなたにも聞いて欲しいですね。
これを聞いて
「自分のことではないな」と思っているFX初心者の人は
いつか我が身という気持ちで聞いてみてください。

爆笑した人は
すでに成功している人か、コツさえつかめば
FXで勝てるようになりますよ。





↓あなたがFXで勝てない理由はコレだ!
セオリーさんの課題をやると理解できるようになります

メインコンテンツ




ランド円でお困りなら
当ブログ訪問者の72.5%の人が読んでいます
↓お役に立てる記事になっています↓ ランド円大損バナー



FXの替歌や名曲を聴いてます | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/08/31 16:23

南アフリカランド円の損切り設定はどこにおけば良いのか悩む?


南アフリカランド円が明日にでも暴落することが事前に分かるとしたら、
早めに損切りしてしまえば、大損失を防ぐことができますね、

ただ、
実際は、今後の相場見通しは「予想」にすぎないため、
いつ、どのタイミングで損切りをどこにおけば良いのか?分からない・・・
こういった悩みを持つ人は多いと思います。


タイムマシーンがあればいいのですが、それはドラえもんの世界だけですね


明日や来月の相場、未来を知ることができれば、
誰もがお金持ち確定なのは理解していますか?

それでも人は、予想をします。予想をしてくれる人を探し続けます。
その結果どうなりますか?

予想が外れて終わりですね・・・


損切りって言葉ばかり聞くと、暗い気持ちになるかとは思いますが、
けど、安心してください、


安定してコツコツ勝てるようになるまでは、
損切りに対して苦しんでしまうのは当然ですし、
どうしても予想ばかりしてしまいますし、
いざ損切りしようとしても、損切りをどうすれば良いのか悩んでしまうものなのです。





以前、コチラの記事でも書きましたが


あなたが東京にいるとして、
大阪行けば確実に50万円を手にすることができると確定しているなら
新幹線代と食事やホテル代などでで4、,5万円ほどの必要経費を使ってでも
利益がでるので自信を持って行けますが


「50万円手に入るかどうかは大阪に着てからのお楽しみ」なんていわれたら
新幹線代を損してしまうのではないか?と
ちょっと躊躇してしまいますよね。



新幹線代をケチって歩いていこうか・・そうすれば無料だし・・・
なんて思ってしまうかもしれません。


東京から大阪までは徒歩で行っては行けません。
これは絶対守ってください。




私たちは、この先の相場が判らないのですから、
大きな損をしないように、次のことをする必要があります。




ランド円の過去チャートを検証してみる

「過去に大阪に行った人はどのくらいの確率で50万円を手にしたのか?」
これを検証します。

検証した結果、
10人中10人が50万円を手にできていることが分かりました。

ならば、おそらく今回も50万円はくれるだろうという
見立てができるわけできますよね?

この考え方をFXにも応用します。
ほとんど考え方は同じです。



自分のルールが、1回のトレードでどのくらいの利益を出すことができるのか?
それが分かれば自然と損切り幅が決まってきますね。


あなたはランド円でどのくらいの利益を見込んでいますか?
それが分からないと、損切りできないですよね?



一般的には、利益3に対して損切り1の比率で設定しますが
勝率が5割前後ならば利益1.5損切り1でも利益は残ります。


漠然とFXで勝ちたいと思っている人は
損切り幅ばかりこだわる人がいますが


その前に
このルールでどのくらいの値幅がとれるのか?
それがある程度決まってからでないと損切り幅を仮に決めたとしても
ルール改善していくなかでいずれ変更することになるでしょう。



逆に言えば
ちまたで言われている
固定損切り
(例えば10PIPS逆行したらで損切りとか)


値幅で固定するやりかたもありますが
最初はそれでも良いかもしれませんが


10PIPSの損切り後に反発して
大幅上昇してしまうような残念な結果になることも多いので


それを避けるために
トレンドに合った損切り設定法というのもありますから


いずれは固定からトレンドに合った損切り法に
切り替えるようにしていきましょう。


【ランド円の損切り設定、具体例】
-----------------------------------------------------------------

【現在のランド円が7.0円の場合】

目標利益確定13.0円ならば、
損切りは、5.6円より上にしないといけない


※現状は、ランド円が13円に戻る可能性は非常に低いので
見込み勝率がとてつもなく低すぎてしまう、

見込み勝率が低いと、
損切りレートをもっと高くしないといけない
(5.6円⇒6.2円くらいまでに引き上げる)

ランド円の特徴は、ナイアガラの滝のような下落ですので
通常の損切りの考え方は通用しずらい


損切りはしないといけない、けど、
ランド円で本当に損切りをしないといけないのか?
迷っちゃいますよね


⇒ ランド円を損切りしない人の運命






↓あなたがFXで勝てない理由はコレだ!
セオリーさんの課題をやると理解できるようになります

メインコンテンツ




ランド円でお困りなら
当ブログ訪問者の72.5%の人が読んでいます
↓お役に立てる記事になっています↓ ランド円大損バナー



損切りはどこに置く? | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/08/29 14:34

ランド円ホルダー必見!損切りは必要経費だと割り切れ

南アフリカランド円でスワップ投資をしている人は
損切りしたくないなぁと思っている人が多いです、

また、
したくても、どのタイミングで損切りすれば良いのか分からないので
損切りに対して苦手意識を持っていると思います。


実は、ランド円に限らず、
どの通貨でトレードするにも

損切りは必要経費である。
という考え方がとっても大切になります。




FXで負けている人は、「必要経費」について
ほとんど意識していないので、念のため説明しておきます




必要経緯とは、
トヨタ自動車で説明すると、

車を1台売るために、
営業マンが必要ですし、テレビにCMを流すことも必要となりますね?
それらにはお金がかかります、
売上を上げるために、必要な費用が必要経費です。


FXにおいて、損切りは必要経費であり、とても重要なものなのですが、
どのくらい大切なのか?これから具体例を出しますので、ぜひ学んでくださいね。







例えば、
今から東京から大阪駅まで行きたいとする。

2016-06-01_14h23_58.jpg


必要経費を絶対にかけたくないから!と言って
歩いて大阪まで行ったら

600キロ以上でしょうか?
とんでもない距離を歩くことになり
時間も体力もどんどん浪費してしまうでしょ?


本当に
フルマラソンを15周するようなことを
あなたは選択しますか?


それでもあなたは、必要経費をケチって
歩きで行きますか?




では、

大阪に行く目的が
「確実に50万円を貰えるため」
だとしたら


新幹線に乗って行けば
50万円もらった上に新幹線代もペイできて
利益が十分残る計算になりますね?


車で行くか?
飛行機で行くか?
急行を乗り継いでで行くか?


移動手段は、いくつかの選択できますが
お金を使えば、歩きよりかは効率がよく
お金を手にすることができます。



最初は、お金を支払う側だけれども、
徒歩よりかは乗り物に乗ったほう
効率よくお金を手にすることができることが
お分かりになりますか?



これって、実は
FXでも同じことなのです。




1万円の利益を出すために
3000円の損失で損切りをすると決めれば


3000円が必要経費で
4連敗する前に1万円の利益を得ることができれば
トータルで利益が残る見込みが立ちます。


この3000円を損切りしないと
東京から大阪まで徒歩で歩いてしまうような行為に近いわけですから
無謀以外の何者でもないですよね。


いつまでたっても
含み損が解消されないだけでなく、疲労困憊し時間だけが経過し
含み損が拡大される可能性が高まってしまいます。


【ケチケチトレーダーになっていませんか?】


あなたは、
一人ぼっちでトレードをしていますよね?
誰かに注意されない限り、どうしても必要経費をケチることを
ついついしてしまいがちになります。



東京から大阪まで歩くというおバカなことをしても
運よく、ヒッチハイクできたり、幸運が重なり
たまたま成功するかもしれないが、
こういったことはやればやるほど失敗する確率がどんどん高くなっていきます。



だから
3ヶ月よりも半年、半年よりも1年間
FXを長くやればやるほど暴落に巻き込まれて
相場から撤退させられてしまうトレーダーが続出してしまうのです。
(悲しいですがこれが現実)



大阪に行けば確実に50万円をもらえるというならば、
新幹線代を払って大阪に行き、日帰りで東京に戻ってくれば
1日で利益を手にすることができるが、


FXの場合は
確実に1万円もらえる保証がないのに
先に3000円の損切りをすることになるので

人間ならば不安に感じるものです


相場がどっちに向かうのか?行き先は常に未定だし、
いつどのくらい上昇又は下落するというあらかじめ決められた時刻表なども
あるわけがない。


この先に大きな利益が待っているかどうか?
信じることができないから、先に損失を確定することができず、
損切りを放置してしまうものです。



自分自身のトレードスタイルではどのくらいの利益が見込めるのか?
その利益を達成するためには、どのくらいの必要経費をかける必要があるのか?
自分で計算して把握しておかなければらない。


そこまで準備しておかないと・・・・
気軽に損切りすることなど出来ないし、
損切りをする意味すら一生分からないでしょう。




ここまで読んできて
損切りは、必要経費なのだと何となく分かったとしても
実際には、損切りができない人は多い。


「将来的に、損切り額を上回る利益の見返りが本当にあるのか疑っているからである」


セオリーさんの経験上、

損切りをしても、1ヵ月後に本当に利益を残す得ることができるのか?という疑いを晴らすには
過去チャートを見て、自分のルールを作って、しっかりと「検証することでしか」
疑いを晴らすことはできない!ことが分かっている。


トレードルールを作って検証したら、

そのルールを少しずつ改善していく必要があることにも気が付く
「あれ?トータルで勝つためには絶対に損切りが必要だな」
ということが理解できてくる。



そこに行き着くまでの道のりはとっても長い。
人によっては一生気がつかないかもしれない。



過去チャートを見ながら、孤独と戦い、ひたすら検証することや
デモトレードで大勝してもリアルなお金が増えないのにトレードをすることが
面倒なので、どうしてもやろうとしない人が多いのが


FXで勝つための本質に一生気がつかない人が多く存在する理由だろう。




もしも、本当にトレードで勝ちたいと思うならば

あなたも
早かれ遅かれ、ルールを作ってそれを守っていくトレードを
していくことになる。



しかし、
ルールが大切だと分かっても
今度はリアルトレードで感情をコントロールできなくて
暴走してしまったりする。



その暴走をコントロールしていくのも
自分との戦いですし、根気が必要なんですよね。



みなさんは
この記事を読んでどう思いましたか?


それでも損切りは必要ない!と思ってしまう人もいると思いますが、
リスクは相当高くなることだけは覚悟しておきましょうね。


⇒ では、損切りはどこに置けばよいのか?



↓あなたがFXで勝てない理由はコレだ!
セオリーさんの課題をやると理解できるようになります

メインコンテンツ




ランド円でお困りなら
当ブログ訪問者の72.5%の人が読んでいます
↓お役に立てる記事になっています↓ ランド円大損バナー



損切りは必要経費 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2014/08/28 14:33

FXで長期投資をする際に絶対に見ておいたほうが良い動画です。

FXで長期投資をする際に絶対に見ておいたほうが良い動画です。

もちろん、私と一緒にFXを学んでいけば
このような事態に陥ることはなくなります。






↓あなたがFXで勝てない理由はコレだ!
セオリーさんの課題をやると理解できるようになります

メインコンテンツ




ランド円でお困りなら
当ブログ訪問者の72.5%の人が読んでいます
↓お役に立てる記事になっています↓ ランド円大損バナー



FXの替歌や名曲を聴いてます | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/08/27 15:51

短期トレードと長期トレードどちらが良いのでしょうか?

セオリーさんへ

いつもブログ拝見しています、

過去にいろいろ試行錯誤をされているようで

多くの経験があって苦労されてきたのだなと

自称セオリーさんファンとして応援しています。



このようなメールはありがたいですね。
褒められる系はやっぱりうれしいです。



--------------------------------
【質問】

セオリーさんは長期トレードも短期トレードも両方やらているそうですが、
FX初心者はどちらにすれば良いでしょうか?

--------------------------------


FX初心者ということですが、
絶対に長期投資が良いです。






↓あなたがFXで勝てない理由はコレだ!
セオリーさんの課題をやると理解できるようになります

メインコンテンツ




ランド円でお困りなら
当ブログ訪問者の72.5%の人が読んでいます
↓お役に立てる記事になっています↓ ランド円大損バナー



読者さんからの悩み相談 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/08/26 18:34
 | HOME | Next »