↓FXで悩んでいませんか?当ブログを読むと苦しみから解放されます
メインコンテンツ


↓ランド円の相場見通しはコチラ
メインコンテンツ
TOP > ARCHIVE - 2015年03月

FXの損切り上手になるコツがあります【無料レポート】

損切り上手になるにはコツがあります。
これを知らないと冷静さを失いメチャクチャなトレードになり
損切り貧乏になります。


セオリーさんが
ぜひ、多くの皆様に理解してほしいと思っているのが
損切りです。



日本人の負け組みトレーダーが少しでも減るように
レポートを書きました。



知らなくてもセンスのある人ならOKですが、
損切りに関しては、いろいろな考え方を学んだほうが
将来的に役に立つと思いますので
セオリーさん的には読んでおいたほうが良いと思いますよ。


こちらのレポートは
人数を限定していますのでお早めにメールしてください。
【定員になり次第終了】


ただし、
メールの内容次第では返信しない場合がありますので
下記を参考にしてなるべく詳細にメール下さい。
名前無しの場合は100%返信しませんので・・
---------------------------------------------



【件名】は「損切り上手」でお願いします。

【氏名又はハンドルネーム】

【年齢】

【性別】

【現在のFX状況】 例・ 先日、損切りできず大損した




【定員に達しましたので終了しました】


↓あなたがFXで勝てない理由はコレだ!
セオリーさんの課題をやると理解できるようになります

メインコンテンツ




ランド円でお困りなら
当ブログ訪問者の72.5%の人が読んでいます
↓お役に立てる記事になっています↓ ランド円大損バナー



南アフリカランドを損切りするべきか? | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015/03/23 12:29

南アフリカランドの買い時など知りたいなら

南アフリカランドでトレードしている人にとっては、

実際にランド円で勝っている人はいるのか?
買い場はいつなのか?

今後の見通しが分からず
不安になっている人が多いかと思います。


サラリーマンにとっての
理想は金利生活ができることだと思いますが


数年に1回は大暴落が起こるので
そのときに金利分をすべて失うことにも
なりかねません。



南アフリカランド円の
現在の相場状況、今後の見通し、予想などは



⇒ ランド円見通しを見てみる


↓あなたがFXで勝てない理由はコレだ!
セオリーさんの課題をやると理解できるようになります

メインコンテンツ




ランド円でお困りなら
当ブログ訪問者の72.5%の人が読んでいます
↓お役に立てる記事になっています↓ ランド円大損バナー



法人FXトレーダーの本音 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015/03/23 10:53

南アフリカランド の 相場見通し 2015年3月 週足チャート

【南アフリカランドの相場見通し 2015年3月 週足チャート】


MT4 2015年03月22日 11時52分33秒



南アフリカランドの過去3年間の週足チャートを利用して
相場の見通しの参考になるようなポイントを解説してみようと思います。


まず、
過去3年間において南アフリカランドの相場状況は
週足レベルで見ますと
9円から11円の間を約2円の値幅で動いていることが分かるかと思います。


緑の丸で囲ってあるところが
レンジの高値、安値のポイントになります。


1個目の丸では分かりませんが
2回、3回と同じラインで反発していますと


世界中のトレーダーが意識するポイントとなりますので
「重要ライン」となります。


あなたが
買ったレートや売ったレートは
関係なく、
相場は、こういった重要ラインに向けて動いていきます。


もちろん
その重要ラインが崩れたら
新たなトレンドの発生です。



2015年今年に入り
ランド円はまだ2014年高値を超えておらず
10円前後でもみ合って再度9円台に突入しています。


しかしながら
2014年安値がレンジ下限でもあり
そこから上昇トレンドラインを引いてみると
きれいに反発しています。


さらに
2014年高値と安値を
フィボナッチで当てはめてみますと
高値からの61%戻しで反発されていることが
分かると思います。


今後の展開としましては
レンジ上限か下限に向かうことが想定されますが


ランド円保有者は
たいていはロング戦略だと思いますので

「上昇して欲しい」と願っていると思います。


レンジ下限までいったら
反発が予想されるので
損切り設定するなら、そういった重要ラインの下に入れておくのが良いです。


今の相場で
これから上がるか下がるかを予想して
「下がりそうだから損切りするかな」ってのは

自己都合トレードになります。



↓あなたがFXで勝てない理由はコレだ!
セオリーさんの課題をやると理解できるようになります

メインコンテンツ




ランド円でお困りなら
当ブログ訪問者の72.5%の人が読んでいます
↓お役に立てる記事になっています↓ ランド円大損バナー



ランド円相場見通し | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015/03/22 12:18

何もしないと始まりません。

このブログには、問い合わせフォームがあります。

毎日とはいきませんが

セオリーさんのもとへ
切実な相談が寄せられます。


・FXで大負けした体験談をお話される人
・これからFXを始めたい人
・どっちの教材を購入したら良いか悩んでいる人
・ポジポジ病が治らない人


いろいろなお話を聞くことができます。


これらの
リアルなお話を蓄積していくことで
おおまかな全体像が見えてきます。



FXを始めた人は
おそらく「予想外の負け」は
1度は経験していると思います。


これは
セオリーさんも同じことです。
ポンド円でやられた過去があります。


そのときの得た教訓を
今でも生かしているわけですが



みなさんも
「過去の教訓は生かすべき」だと
考えています。



言い方は悪いですが
「せっかく負けたのだから」

お得に活用しちゃえば良いのです。



・おそらく負けた理由は


・トレードのシナリオが崩れた
・LOTを増やして勝負してしまった
・損切り設定を外したら含み損が大きくなりすぎた
・いつも小さな利益がでると確定していた
・勝ちトレードがうれしくて興奮していた
・損切りが不快で仕方が無かった
・どんどん口座にお金を入金してしまった
・負けが続くと、日足とか週足など大きな足をチェックすることをしなかった


まだまだあると思いますが
だいたいはみんな同じことを経験しています。


そして
負けた理由を忘れてしまって
同じ過ちを繰り返してしまう


人間とはそういう弱い動物なんですね。



危険を察知したら逃げなければいけないのに
なぜか攻めてしまう・・・


エントリーしなければいいのに
半ば義務感でエントリーしてしまう。

その理由は?
「1日10PIPS目標だから

「・・・」
目標を立てるからエントリーしちゃうんですよ・・




とにかく
いろいろな相談を持ちかけられます。

セオリーさんの答えられる範囲で
答えていますが


FXの情報商材については
購入していないものに関しては
答えるのが難しいです。


それと
「今日の相場は上がりますか下がりますか?」
って質問はですね・・

「・・・・、プロでも100%当たらないわ・・」
「逆に小学生でも50%当たる場合が多いわ」
ってことで

その質問をすること自体
あらためる必要があることを指摘させていただいています。


何もしないと
始まりません。

何かを成し遂げるには
行動しないといけません。


オリンピック選手になるわけでもなく
今から弁護士や医者になるわけでもなく


あなたは
お金さえあえればすぐにFXを始めることができます。


ぜひ
あなたもお金を稼いでもらいたいと思います


↓あなたがFXで勝てない理由はコレだ!
セオリーさんの課題をやると理解できるようになります

メインコンテンツ




ランド円でお困りなら
当ブログ訪問者の72.5%の人が読んでいます
↓お役に立てる記事になっています↓ ランド円大損バナー



法人FXトレーダーの本音 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015/03/18 07:00

FX トレードスタイルを見直すことの重要さ

FXで勝てるようになるには、
トレードスタイルの見直しをしなければならないときがあります。


南アフリカランドのスワップ狙いからドル円のデイトレに変更する。

ドル円からユーロドルにする。

スキャルピングをやる

長期投資からスイングトレードにする。


大幅にスタイルを見直す場合や


損切りと利益確定の比率を見直したり

PIPS幅そのものを変えたり
(利益確定50PIPSを40PIPSにするなど)


とくに
今まで勝てないで悩んでいる人は
変える必要がほとんどです。




↓あなたがFXで勝てない理由はコレだ!
セオリーさんの課題をやると理解できるようになります

メインコンテンツ




ランド円でお困りなら
当ブログ訪問者の72.5%の人が読んでいます
↓お役に立てる記事になっています↓ ランド円大損バナー



法人FXトレーダーの本音 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015/03/17 09:22
 | HOME | Next »