↓FXで悩んでいませんか?当ブログを読むと苦しみから解放されます
メインコンテンツ


↓ランド円の相場見通しはコチラ
メインコンテンツ
TOP > ARCHIVE - 2015年08月

南アフリカランドの相場見通し 2015年8月29日 日足チャート

南アフリカランドの相場見通し 2015年8月29日 更新 日足チャート

南アフリカランドの相場見通し2015年8月29日 日足チャート

日足レベルで見ますと
南アフリカランド円は下落トレンドぎみ。
週足レベルで見ますと
8円台から11円台までのボックス圏内の動き。

日足よりも
当然週足の方が影響は大きいですから、
このあとは、ドル高円安とともに
ランド円も上昇をしていくかと思われますが、

当面は、
前回までのサポートだった9.55円で頭打ちされる可能性が高いですね。
ここを抜けない限り強い上昇トレンドとはなりませんので

横ばいになる可能性も高まります。
横ばいになるということは、

多くのスワップ派が含み損をかかえたまま塩漬けということになりますね。
スワップは入ってくるとは思いますが、
ちょっとロング派にとっては効率が悪い相場です。


次のチャート更新の励みになります。クリックしてもらえるとうれしいです。
 


かといって
ランド円ショートをすれば良いかといいますと
ショートやるなら前回安値付近か下抜けからでもいいでしょう。
前回までの安値9.55円で跳ね返されたときとかでも
遅くないでしょう。

日足でロングをやるなら9.55円をしっかりと抜けてからでも
いいとは思いますが、
週足レベルではボックス圏加減からの上昇を狙ったロング買いがねらえるので
今の相場が何が何でもロングが否定されるものでもありません。

要するに
あなたがメインとするチャートの時間軸によって
トレード戦略は変わってきます。

さすがにこの相場で
ショートはないとは思いますが・・


今後の注意点としては
このあいだの暴落したときの安値8.70円をもう1度試しにいく動きになる可能性も
あるということです。

そして
8.70円を下抜けたら
そのときは、そう簡単には上昇には転換しないと考えておいてください。

「また下がったらどうしよう・・・」という
不安を感じているトレーダーが多ければ多いほど

なかなか上にはいかないものです。
少し上にいったとしても、ショート派も入ってくるし
含み損が少し減ったロング派も逃げ出すからですね。

こういった
見方をしながらチャートを見ていくと
面白いですよ。


今回から
少しチャートの画像を変えてみました。

ジグザグを引いていますが、引き方などは大雑把なので
ご了承ください。

次のチャート更新の励みになります。クリックしてもらえるとうれしいです。
 





↓あなたがFXで勝てない理由はコレだ!
セオリーさんの課題をやると理解できるようになります

メインコンテンツ




ランド円でお困りなら
当ブログ訪問者の72.5%の人が読んでいます
↓お役に立てる記事になっています↓ ランド円大損バナー



ランド円相場見通し | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015/08/29 14:20

南アフリカランドを週足チャートで分析 2015年8月24日更新


更新の励みになりますので
クリックしてください。


 

南アフリカランド2015年8月週足チャート


ランド円が暴落していますが、
見るべきところは、過去のチャートです。
週足を見てみますと8.90円が意識されていましたがこれはあっさり下抜けています。
次に意識されるのは8.60円付近なのですが、
今回は、8.60円は大幅に下回ることなく1回目の反発をしてきました。
次に考えることは8.90円がレジスタンスに変わり、9円台になかなか復帰できないとなると
次はとうとう8.60円を下抜けるシナリオへと進みます。
ただ、もう1度8.60円割れにチャレンジをしにいくが、また下抜けしない場合は
そこが底となる可能性となり反転してくことになる。
ランド円保有者にできることは、お祈り地蔵にならず
こういうときこそ、チャートをしっかりと見て意識されるPOINTで
どういう展開になるか勉強しておこう。それが一生の財産となります。





更新の励みになりますので
クリックしてください。


 


↓あなたがFXで勝てない理由はコレだ!
セオリーさんの課題をやると理解できるようになります

メインコンテンツ




ランド円でお困りなら
当ブログ訪問者の72.5%の人が読んでいます
↓お役に立てる記事になっています↓ ランド円大損バナー



ランド円相場 週足チャートで分析 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2015/08/24 23:27

ランド円暴落と株式市場の暴落

何だか今週の始まりは
株式相場が大きな下落となっているようですね。

マスコミはドルや日経平均が下落しだすと
騒ぎ出しますし、不安に煽る記事を書くのが上手ですね。

ランド円保有者や株式投資で
ギャンブルをしている人は
気が気じゃない状況でしょうね。

こういった大きな下落は、
特別パニックでもなく、
天井付近にはよく現れる現象です。

いつ天井になるか?
それは誰も予測がつかないため、
怪しさを感じたらプロはいったん逃げるようです。

ですから
買い需要が減るため自然と下落へと向かいます。

プロは意図的に空売りをし、
素人は不本意に追証や強制決済で売りを行うという
大きな違いがありますが、

どちらにせよ
相場というのは上がった下がって
上がったら下がる。
ジグザグしながらトレンドを形成していくものなのですよね。

大きな足を確認する意味は
ジグザグがどのように形成されていくか?
事前にある程度把握しておく意味合いもあります。

ランド円は8.90円のサポートに対してどういう動きをするのか?
そういったところを見ていきましょう。


↓あなたがFXで勝てない理由はコレだ!
セオリーさんの課題をやると理解できるようになります

メインコンテンツ




ランド円でお困りなら
当ブログ訪問者の72.5%の人が読んでいます
↓お役に立てる記事になっています↓ ランド円大損バナー



法人FXトレーダーの本音 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015/08/24 20:07

南アフリカランドの相場見通し 2015年8月22日 日足チャート

南アフリカランドの相場見通し 2015年8月24日追記
8.90円割れましたね。
次は8.60円へ向かいます。
2012年安値ですので、ここであっさりとした抜けするようだと
多くのスワップ投資家の強制決済ロスカットや投売りが加速されますね。





【南アフリカランドの相場見通し 2015年8月22日 更新 日足チャート】
南アフリカランド日足チャート8月22日

年初来安値を下抜けてきましたね。
多くのトレーダーは下方向を選択したようです。

ただ、今いるラインは、昨年何度も反発したラインですので
反転するとしたらこのラインなのですが、

もしもさらに下抜けするようだと
下落が加速して

次の目標は2014年2月につけた
8.90円台に向かっていきます。









【南アフリカランドの相場見通し 2015年8月11日 更新 日足チャート】

南アフリカランド2015年08月11日

このチャートを見る限りでは、
どちらにも転がりそうな気配ですね。

いずれにせよどちらかに大きく抜けない限り
相場は停滞を続けます。









【南アフリカランドの相場見通し 2015年8月3日 日足チャート】

南アフリカランド日足2015年8月3日


2015年も8月となり今月をあわせても半年もありません。
ランド円保有者にとっては、このままダラダラ方向感のない相場が続くよりかは
ドカーンと12円に向かって円安になってもらいたいものですよね。

ただ、
12円を達成するためには
チャート的には、厳しい雰囲気が出ています。

要するに、世界中のトレーダーは
買い目線で見ていないため、
買い需要よりも売り需要が多くなるので
相場が下がっている状態です。


サポートを2本引いておきましたが
何度か反発をするかと思いますが
下抜けするようなら、大きな含み損は覚悟しておかないといけませんね。


↓あなたがFXで勝てない理由はコレだ!
セオリーさんの課題をやると理解できるようになります

メインコンテンツ




ランド円でお困りなら
当ブログ訪問者の72.5%の人が読んでいます
↓お役に立てる記事になっています↓ ランド円大損バナー



ランド円相場見通し | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015/08/22 13:37

FXで損少超利大の効果とデメリット

過去チャートを利用していろいろな手法を検証をしていると、
利益がものすごい取れるときがありますよね?

例えばユーロドルで100PIPS以上取れる場合など、
「このトレード取れたらいいな」なんて思ってしまいます。

そのトレードを調べてみると
エントリー後にドローダウンが20PIPSあることが分かりました。

つまり
20PIPS以下の損切り幅に設定すると
この100PIPSの利益は取れないわけで

どうしても損切り幅を大きくしたほうが良いのかなと
勘違いしてしまいます。


そもそもですが
1つの手法で毎月毎月
何回も100PIPSを取れるトレードチャンスなどありません。


しかも
そのチャンスのときに
あなたがトレードできる環境にあるかも分からないのですから


ますます1回のトレードで100PIPSを取ることなんて
不可能に近くなってしまいます。


潔く、「超特大利益」は諦めたほうが良いです。


⇒ 1回の利益で超特大を狙うことを諦めることは成長に繋がりますよ

これは本当です。


損と比率は1対2 又は1対3くらいで十分だと思います。





【損少超利大の手法の最大のデメリット】

1回のトレードで100PIPS以上も狙う手法ですと

なかなか利益確定ができず、コツコツ連敗を経験してしまいます。

5負けして1勝とか、そんなペースが繰り返されたら

私ならば精神的に崩壊しますね。

1回のトレードで100PIPS以上を取るために

どうしてそんなに苦痛を感じなければいけないのか?

やっぱり私は避けたいと思いますね。


しかも、

損少超利大は「資金効率」が悪いです。

連敗しやすいということは

月初から大きくドローダウンが発生する可能性が高いということです。

10万通貨の場合、

資金が8万円減ってから10万円の利益で残高が2万円とか

結構激しく変動があるでしょう。


その点
損少利大、損少中大 くらいならば

よほど連敗しない限り

大きく資金を減らすことなくジワジワ残高が増えていきます。


どちらが良いのか?は

よほどお金に余裕がある人ならが

どっちでも良いとは思いますが、

多くの人は

資金が少ないはずですから

損少超利大は1度も勝つことなくドローダウンが大きくて

資金を失うという結果になりやすでしょう。


この際、

「損少超利大」は諦めることを宣言してください。

※ただしぷーさん式の4時間足トレードは別ですよ





↓あなたがFXで勝てない理由はコレだ!
セオリーさんの課題をやると理解できるようになります

メインコンテンツ




ランド円でお困りなら
当ブログ訪問者の72.5%の人が読んでいます
↓お役に立てる記事になっています↓ ランド円大損バナー



いまいちなFXの手法 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015/08/21 16:30
 | HOME | Next »