↓FXで悩んでいませんか?当ブログを読むと苦しみから解放されます
メインコンテンツ


↓ランド円の相場見通しはコチラ
メインコンテンツ
TOP > ARCHIVE - 2015年09月

利益確定が早すぎる?どこまで伸びるか?を事前に知る方法

FXをしていると、
最後の最後まで悩むのが利益確定です。

これは欲望との戦いですね。

過去チャートを見ていると
数時間で100PIPS取れたりするケースがないこともありません。

そういった大きく相場が動くPOINTを事前に察知して
狙う手法もあるのですが、

騙しも当然あるので
メンタル的に持たないと思います。

通貨によって

1日に動く値幅は平均するとだいたい決まっています。

ですから

東京時間で20PIPS程度しか動いていないのに
ロンドン、NY時間で50PIPS以上動くなどは
よくあることですね。

ユーロドルの
過去チャートを見てみると分かりますが
東京時間の高値安値の幅よりも
ロンドンNYの時間に作った高値安値の方が
大きいことに気が付くかと思います


例えば
東京時間の値幅が50PIPSだとして
ロンドン時間以降にどのくらいの値幅で動くのか?


言い方を代えれば
東京時間の高値を突破したら
どこまで伸びるのか?


それを知るためには
東京時間の値幅を活用していきます。

たとえば
東京時間の値幅がが50PIPSならば
ロンドン時間以降、東京高値を突破した日は
だいたい30PIPS程度は上に進みます。


これは
1日単位の話ですので

当然、日にちが経過するにつれて
大きな足のトレンドの方向に進んでいきます。


180日間サポート生には
ロンドン時間以降に動くであろう値幅を推測するための
学習方法を教えています。

結構
驚かれるので
適当に推測するよりかは当たると思います








↓あなたがFXで勝てない理由はコレだ!
セオリーさんの課題をやると理解できるようになります

メインコンテンツ




ランド円でお困りなら
当ブログ訪問者の72.5%の人が読んでいます
↓お役に立てる記事になっています↓ ランド円大損バナー



FXで勝ち続ける方法を知りたい | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015/09/25 11:48

南アフリカランドの相場見通し 2015年9月24日 日足チャート


南アフリカランド円相場の見通しを今週も公開していきます。
詳細な分析ではありませんが、必要最低限のラインは引いていますので
参考にしてください。

南アフリカランド2015年9月24日日足チャート

このチャートを見て何を感じますか?
赤い丸の中を見る限り、

最安値でサポートとなるか?
それともあっさり下抜けて最安値更新するか?

それを予想するのではなくて
どういうチャートパターンになったら
反発していくかを見ていきましょう。

例えば
このあとダブルボトムを形成していくならば

当面は底値が堅くなります。

今後の動きに注目です。





更新の励みになりますので
クリックしてください。


 



多くの投資家は
過去のチャートをカーナビのように利用して
目的に向かって進んでいきます。

ランド円ロング派は現在逆張りという位置づけになりますので
結構厳しい精神状態になっているかと思います。

いまさら
損切りできないと思っている人も多いでしょう。





損切りトレーニングをしっかりやっておけば

こういうときに損切りできるんですけどね・・

練習で出来ないことは本番でも出来ませんから

これを良い機会だと思って

セオリー流を学んでみてください。


ランド円チャートの更新を続けて欲しいなら
クリックしてください。


 





↓あなたがFXで勝てない理由はコレだ!
セオリーさんの課題をやると理解できるようになります

メインコンテンツ




ランド円でお困りなら
当ブログ訪問者の72.5%の人が読んでいます
↓お役に立てる記事になっています↓ ランド円大損バナー



ランド円相場見通し | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015/09/24 18:02

南アフリカランドはFOMCの結果でどうなるのか?

さて

FOMCの発表が近づいてまいりました。

ランド円保有者や、その他の通貨でもスイングトレードをしている人は

ポジションを手仕舞うなど対策をしていることでしょう。

突発的な動きが想定されるため

都合の良い方向へ進んでくれれば良いのですが

たいていは、

いったんは反対に動いてから、進みたい方向に進んでいくことが多いので

損切りにあってから利益が伸びるという最悪の結果になることが

懸念されます。

ただ

ランド円だけでなく、他の通貨でも

すでにチャートに折込済みという考え方でいけば、

重要なレジサポにラインをしっかりと引いておけば

たいていはそこで反発をするはずです。


長期足で今まで上昇トレンドだったものが

重要なサポートを割ることなく下落トレンドになることはありませんし

その逆もしかりですね。


アベノミクスト 米ドルの利上げ期待でドルが強く円安になっていますが

利上げ決定でも見送りでもドルがさらに強くなることもあるわけですね。


今回のような特に注目されているFOMCや
雇用統計などは

どっちに行くかを予想するのではなくて、

どっちにいくにしても
どこのラインまで到達する可能性があるのか?

チャートを見て
世界中のトレーダーが意識されると思われるところを
見つけておきましょう。


ボラが低くどっちにも向かわなかった相場が
一気に動くことでトレンドが明確になるわけですから

指標の結果はたしかに重要ですが

それは
動きが軽快になるだけで、

トレードで勝ちやすいとか負けやすいとかではありません。



外出から帰宅後ちょっと体調不良ぎみですが
メールが遅れている人は少々お待ち下さいね。
順番に返信しています。




↓あなたがFXで勝てない理由はコレだ!
セオリーさんの課題をやると理解できるようになります

メインコンテンツ




ランド円でお困りなら
当ブログ訪問者の72.5%の人が読んでいます
↓お役に立てる記事になっています↓ ランド円大損バナー



法人FXトレーダーの本音 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015/09/17 17:02

南アフリカランドの今後はどうなる相場状況 2015年9月11日 更新 日足チャート

南アフリカランド円相場の見通しを今週も公開していきます。
詳細な分析ではありませんが、必要最低限のラインは引いていますので
参考にしてください。

※週末から出かけるので早めの更新です。


ランド円2015年9月11日日足チャート


南アフリカランド相場は
V時で反転してきています。

下落の勢いが強かった分、
安心感が出ると戻しも加速していくものです。

ただし、
一度下抜けした相場は
レジスタンス付近では売ってくる勢力が

どうしても頭が重くなります。



更新の励みになりますので
クリックしてください。


 



多くの投資家は
過去のチャートをカーナビのように利用して
目的に向かって進んでいきます。

ランド円ロング派は現在逆張りという位置づけになりますので
最新の安値が更新されたら
焦らずナンピンは避けましょう。





損切りトレーニングをしっかりやっておけば

こういうときに損切りできるんですけどね・・

練習で出来ないことは本番でも出来ませんから

これを良い機会だと思って

セオリー流を学んでみてください。


ランド円チャートの更新をの励みになります
クリックしてください。


 





↓あなたがFXで勝てない理由はコレだ!
セオリーさんの課題をやると理解できるようになります

メインコンテンツ




ランド円でお困りなら
当ブログ訪問者の72.5%の人が読んでいます
↓お役に立てる記事になっています↓ ランド円大損バナー



ランド円相場 週足チャートで分析 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015/09/11 23:32

エントリーする時間を1時間や15分ジャストにしてみる

16時1分

16時2分

16時3分

16時4分

16時5分


この中でエントリーしたあとに

一番動きやすいのが16時5分



では

16時5分と

16時15分と

16時30分ではどうか?


おそらく16時30分だろう。



では

16時30分と

17時00分ではどうだろうか?

おそらく17時00分のほうが動くだろう。



どういうことかと言うと、

多くのトレーダーはナビを必要としているためだ。

何事も、目安が欲しいのである。


世界中のトレーダーが見ているもの

それは

時計である。


1分足トレーダーは1分を区切りとしてエントリーをする。

その5本分が5分足の1本なので

1分足トレーダーと5分足トレーダーのエントリーがかぶるので

出来高が増え、相場に勢いがつく。


15分ちょうどだと、

1分足が15本分

5分足が3本分

15分足が1本分なので

3つの時間足のトレーダーがエントリーをしてくる。


30分ちょうどなら?

今度は30分足トレーダーも参戦してくる。

60分足ともなると

そりゃ、

1時間足トレーダーまで出てくるわけだから

出来高が増えて

相場に勢いがつくのは当然だ。


私のトレードルームには

デジタルの電波時計が置いてある。

例えば17時59分にエントリーしたいとしても

一瞬時計を気にすれば

数秒待つ理由ができて冷静になれる。


ポジポジ病の人は

損切りに合うと時計など無視してエントリーしがちだが

それは非常にもったいないことだ。


負けているときにポジションを持たずに

ひたすらエントリーチャンスを待つことは

非常につらいことだが、

まずは、2分とか3分とか中途半端な時間でエントリーしないで

5分とか15分とか区切りのよい時間でエントリーしてみましょう。








↓あなたがFXで勝てない理由はコレだ!
セオリーさんの課題をやると理解できるようになります

メインコンテンツ




ランド円でお困りなら
当ブログ訪問者の72.5%の人が読んでいます
↓お役に立てる記事になっています↓ ランド円大損バナー



FXで勝ち続ける方法を知りたい | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015/09/08 22:17
 | HOME | Next »