↓FXで悩んでいませんか?当ブログを読むと苦しみから解放されます
メインコンテンツ


↓ランド円の相場見通しはコチラ
メインコンテンツ
TOP > ARCHIVE - 2016年06月

南アフリカランド円の為替相場見通し 2016年6月 最新日足チャート分析6

2016年6月 最新ランド円チャート分析をします。
ランド円相場の今後の見通しの参考にしてください。
※予想は1つに絞るのではなくて複数の見立てをしておくことが需要です。
ブックマークするなら
⇒ ランド円最新相場見通し
こちらのページを登録しておくと常にランド円最新のチャート分析のページなので便利です。



2016年6月29日更新
2016-06-29_16h32_01.jpg

前回のランド円予想では、

「EU離脱の件でランド円が5円台に突入しなかったのは、突発的じゃなかったからだと思っています。」
と書きました。


今は、情報を先取りできる時代なので、
結果よりも、途中結果で大きく動いてしまうことがあります。
FX初心者の人は、これで1つ大きな経験をしたかと思います。


ランド円の底値は6.45円付近です。
今回の下落では、1回目の底が確認された可能性が高いです。

ランド円が
上昇トレンドになるためには、
この確認作業が何度か繰り返されないとなかなか上昇が継続できず
結局、ただのレンジで終わってしまいますね。


チャート図には3つの丸をつけておきました。
安値には2つの丸、上値には1つの大きめな丸を描いておきました。


レンジですね・・・・


チャートは汚くなりましが、
今日明日は、やや反発が続いて、


すぐに7月相場が始まるので
どっちに動くが確認したいところですね。


ランド円は
忘れたころにドカーンと暴落が来るのがオチですので
やばいやばいって思っている今週は意外と持ちこたえたりするものですね。


クリックいただけると、ランド円人気ランキング1位の当ブログが見れます
にほんブログ村 為替ブログ 南アフリカランドへ
為替ブログ 南アフリカランドへ


↓あなたがFXで勝てない理由はコレだ!
セオリーさんの課題をやると理解できるようになります

メインコンテンツ




ランド円でお困りなら
当ブログ訪問者の72.5%の人が読んでいます
↓お役に立てる記事になっています↓ ランド円大損バナー



ランド円相場見通し | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/06/29 16:41

南アフリカランド円の為替相場見通し 2016年6月 最新日足チャート分析5

2016年6月 最新ランド円チャート分析をします。
ランド円相場の今後の見通しの参考にしてください。
※予想は1つに絞るのではなくて複数の見立てをしておくことが需要です。
ブックマークするなら
⇒ ランド円最新相場見通し
こちらのページを登録しておくと常にランド円最新のチャート分析のページなので便利です。



2016年6月25日更新
2016-06-25_18h26_25.jpg
今回のEU離脱の件で
ランド円が5円台に突入しなかったのは、突発的じゃなかったからだと思っています。
私は、EU離脱濃厚だと思っていましたが・・・正直こればっかりは事前に分かることではないので
結果を待つしかなかったのですが、
今の世界は情報社会ですから、案の定、離脱濃厚報道で大きく動きましたね。
結果よりも、結果がこうなるであろうという予想報道で相場が荒れてしまったのです。

EU離脱報道は日本でも活発に行われていたので
事前に危機意識をもっていた人が多かったと思われますので
不本意なロスカットに合った人も少なかったのでは?

また、
ランド円が7.40円まで上昇してからの下落だったので
結局、直近安値付近に戻っただけと考えることもできます。


チャートは汚くなりましので
ここは無理して予想することもないのですが、
私には、下落していくようにしか見えません。


今後の展開としては
大衆の意に反してランド円相場は
短期的には少し上がってしまうのではないかと考えられます。


そして
忘れたころにドカーンと暴落が来るのではないかと。


とりあえずは、
週明けの月曜日のスプレッドの拡大とボラティリティ拡大による
乱高下を見届けてからチャートを見てみたいと思います。


こんなときは
FXなどやっている場合ではないですね。
月曜日はNOトレードでいきたいと思います。


クリックいただけると、ランド円人気ランキング1位の当ブログが見れます
にほんブログ村 為替ブログ 南アフリカランドへ
為替ブログ 南アフリカランドへ



2016年6月20日更新
ランド円はどうなるのか?
チャートを見ていきましょう。
2016-06-20_10h55_53.jpg
まず、ランド円が再び7円を割り、6円台に突入したことで考えられることは、
7.00円が強烈な節目になるのではないかということです。
さらに、チャートを見てみますと、7.20円に重い蓋があると考えれば
7.00円を一時的に突破して7.20円手前で失速することが確認できた場合は、
再び売りが優勢となり、再度6円台に戻るのではないかと考えられますね。

まぁチャートだけ見れば誰もがランド円の弱さを感じているわけですので
上がったところを売りで叩かれる覚悟はしておいたほうが良いかと思います。

■たとえばランド円が安値更新される場合など、相場が荒れることが想定される場合、
スワップが 0円になってしまうケースや逆にスワップを支払う側に回ってしまうリスクもありますので
ポジションを大きく持っている人が不安になってロングポジションを清算することも想定されます。
安値更新のたびに、底値だと決め付けて個人が買い向かっていくことは、総合的に厳しいと
判断せざるを得ませんね。

まぁ
そんなこと言っても、相場は生き物なので上昇することもあるわけですから
ショートで責めれば勝てるなどと、何も考えずに博打をはるのはおやめくださいね


クリックいただけると、ランド円人気ランキング1位の当ブログが見れます
にほんブログ村 為替ブログ 南アフリカランドへ
為替ブログ 南アフリカランドへ




2016年6月15日更新
ランド円は本当に綺麗なチャートになっています。
チャート上の緑のジグザグも売りサインを示してきました
ランド円20160615
いやぁ・・・しかし
6.85円付近は、注文が厚いですね、
死守できるか?できないかで、今後の展開が変わってきますよね。

当ブログでは当面の上値抵抗線を8.40円と位置づけていますが、
買いが弱く売り圧力が強いとダラダラ下落していくものですね。

金価格が上昇し、株式相場は不調、世界経済も雲行きが怪しい感じがしますので
大荒れ相場にならないように、ランド円対策はしっかりとしておいてくださいね。



2016年6月10日更新

赤ラインで反落してきました
2016-06-10_19h20_14.jpg

綺麗な動きです。
何事もなければ横横状態継続でしょうか。

にほんブログ村 為替ブログ 南アフリカランドへ
為替ブログ 南アフリカランドへ




2016年6月4日更新

ランド円の相場状況は変わらずですね、
赤いラインが意識され、横ばい状態です。
2016-06-04_12h21_20.jpg

相場は適当に動いているようで、
ある程度は意識されているポイントがあります。
たとえば、7.60円は意識されているラインだと思いますが、
そこには、利益確定の注文や、上抜けしたらロングで追従する順張り注文も入っていますから
動きが激しくなって、相場の戦いが始まります。

その後、
勝てば上昇、下がれば下落になりますが、
特別に意識されていないラインでは、そこまで動きが激しくなりません。

ってことは、
最安値の6.45円というのは、ものすごく意識されているわけですから
もしも戦いに負けたら?
ものすごい下落ということになります。

今は、赤いラインなので動きは激しくないですが、
この状況が長く続けば続くほどエネルギーがたまっていきます。

同じ横ばいレンジ状態でも
期間も意識すると良いと思います。

1週間程度のレンジと、3ヶ月かけて継続したレンジでは
当然、後者のほうがエネルギーがたまっています。





 >> ランド円を損切りしない人の運命は? <<



⇒ セオリーさんはメルマガも配信しています





>>最近よく読まれている記事はコチラ<<


↓あなたがFXで勝てない理由はコレだ!
セオリーさんの課題をやると理解できるようになります

メインコンテンツ




ランド円でお困りなら
当ブログ訪問者の72.5%の人が読んでいます
↓お役に立てる記事になっています↓ ランド円大損バナー



ランド円相場見通し | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/06/25 19:27

EU離脱決定によるランド円暴落は、暴落ではない

EU離脱優勢報道がされていなかった頃はランド円が7.40円まで上昇していました。
7.20円に重い蓋があったかと思いましたが、
相場は7.50円を目指し進んでいきました。


その後、
EU離脱優勢報道がされると
相場に勢いがつき、売り優勢となりました。

2016-06-25_18h14_33.jpg



今回の暴落は
上がっていた相場が、重い蓋前後で純粋に反転して下落になっただけで
暴落とはいえない、やや大きめの下落と言えそうです。


まだまだ本格的な暴落というのは
前触れがなく、突然やってくるものです。


安心したころに
ドカーンと1発やってきますから、
今が買場だと思ってポジションを増やすとやられます。


週明けの月曜日は
EU離脱確定後の最初の週明けとなります。


⇒ ランド円ホルダーが週末(土日)にやってしまいがちなコト
のようにならないようにご注意願います。





↓あなたがFXで勝てない理由はコレだ!
セオリーさんの課題をやると理解できるようになります

メインコンテンツ




ランド円でお困りなら
当ブログ訪問者の72.5%の人が読んでいます
↓お役に立てる記事になっています↓ ランド円大損バナー



セオリー流 FX格言 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/06/25 18:14

【緊急】ランド円相場がイギリスのEU離脱の思惑で乱高下

2016-06-24_11h47_24.jpg

イギリスのEU離脱の影響で為替相場が乱高下というか、大幅下落しています。
ドル円は1時99円台へ突入しました。
ランド円も一気に6.50円へと下落です。

無駄にポジションを保有している人は
ポジションを整理することを日々伝えてきましたが
また被害が出てしまったことを考えると
残念でなりません。


イギリスがEU離脱をしたい気持ちがあったのは
今に始まったことではありません。
イギリスは、金を大量保有(している・・?)国ですから

ジャブジャブお金を刷りまくってゾンビのように生き延びているEUのシステムに
疑問を感じているのは当然ですね。



今回は、リーマンショックのときとは違って
日本でも、頻繁にニュースが流されていましたから、

早めにポジションを整理したり
しっかりと逆指値注文を入れた人も多かったと思われます。

ドルの場合は100円を切れば
損切りしようと決めている人が多かったと思いますので

ロスカットと、損切り注文を巻き込んで
勢いのある下落となりました。

その影響でランド円も
セオリーさんのチャートでは、
6.45を下回り年初来安値を更新していきました。


本日は、
スプレッドの拡大、さらなる乱高下が予想されますので
決してギャンブル思想にならないようにご注意願います。



日本では
やたら話題になっているニュースですから
イギリスの離脱が決定したとしても
経済コメンテーターが心配しているほど動きが無い可能性もあります。

むしろ
離脱か残留かが決まるまでの最新ニュース配信の内容次第で
大きな動きとなりそうです。


前もって
せおりーさんの
ランド円暴落対策のメルマガをお読みの人は、
今回の暴落でも大きな致命傷はなかったですね。

よかったですね。



クリックいただけると、ランド円人気ランキング1位の当ブログが見れます
にほんブログ村 為替ブログ 南アフリカランドへ
為替ブログ 南アフリカランドへ






↓あなたがFXで勝てない理由はコレだ!
セオリーさんの課題をやると理解できるようになります

メインコンテンツ




ランド円でお困りなら
当ブログ訪問者の72.5%の人が読んでいます
↓お役に立てる記事になっています↓ ランド円大損バナー



世界金融危機情報 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/06/24 12:04

南アフリカランド円の為替相場見通し 2016年6月 最新日足チャート分析4

2016年6月 最新ランド円チャート分析をします。
ランド円相場の今後の見通しの参考にしてください。
※予想は1つに絞るのではなくて複数の見立てをしておくことが需要です。
ブックマークするなら
⇒ ランド円最新相場見通し
こちらのページを登録しておくと常にランド円最新のチャート分析のページなので便利です。


2016年6月20日更新
ランド円はどうなるのか?
チャートを見ていきましょう。
2016-06-20_10h55_53.jpg
まず、ランド円が再び7円を割り、6円台に突入したことで考えられることは、
7.00円が強烈な節目になるのではないかということです。
さらに、チャートを見てみますと、7.20円に重い蓋があると考えれば
7.00円を一時的に突破して7.20円手前で失速することが確認できた場合は、
再び売りが優勢となり、再度6円台に戻るのではないかと考えられますね。

まぁチャートだけ見れば誰もがランド円の弱さを感じているわけですので
上がったところを売りで叩かれる覚悟はしておいたほうが良いかと思います。

■たとえばランド円が安値更新される場合など、相場が荒れることが想定される場合、
スワップが 0円になってしまうケースや逆にスワップを支払う側に回ってしまうリスクもありますので
ポジションを大きく持っている人が不安になってロングポジションを清算することも想定されます。
安値更新のたびに、底値だと決め付けて個人が買い向かっていくことは、総合的に厳しいと
判断せざるを得ませんね。

まぁ
そんなこと言っても、相場は生き物なので上昇することもあるわけですから
ショートで責めれば勝てるなどと、何も考えずに博打をはるのはおやめくださいね


クリックいただけると、ランド円人気ランキング1位の当ブログが見れます
にほんブログ村 為替ブログ 南アフリカランドへ
為替ブログ 南アフリカランドへ




2016年6月15日更新
ランド円は本当に綺麗なチャートになっています。
チャート上の緑のジグザグも売りサインを示してきました
ランド円20160615
いやぁ・・・しかし
6.85円付近は、注文が厚いですね、
死守できるか?できないかで、今後の展開が変わってきますよね。

当ブログでは当面の上値抵抗線を8.40円と位置づけていますが、
買いが弱く売り圧力が強いとダラダラ下落していくものですね。

金価格が上昇し、株式相場は不調、世界経済も雲行きが怪しい感じがしますので
大荒れ相場にならないように、ランド円対策はしっかりとしておいてくださいね。



2016年6月10日更新

赤ラインで反落してきました
2016-06-10_19h20_14.jpg

綺麗な動きです。
何事もなければ横横状態継続でしょうか。

にほんブログ村 為替ブログ 南アフリカランドへ
為替ブログ 南アフリカランドへ




2016年6月4日更新

ランド円の相場状況は変わらずですね、
赤いラインが意識され、横ばい状態です。
2016-06-04_12h21_20.jpg

相場は適当に動いているようで、
ある程度は意識されているポイントがあります。
たとえば、7.60円は意識されているラインだと思いますが、
そこには、利益確定の注文や、上抜けしたらロングで追従する順張り注文も入っていますから
動きが激しくなって、相場の戦いが始まります。

その後、
勝てば上昇、下がれば下落になりますが、
特別に意識されていないラインでは、そこまで動きが激しくなりません。

ってことは、
最安値の6.45円というのは、ものすごく意識されているわけですから
もしも戦いに負けたら?
ものすごい下落ということになります。

今は、赤いラインなので動きは激しくないですが、
この状況が長く続けば続くほどエネルギーがたまっていきます。

同じ横ばいレンジ状態でも
期間も意識すると良いと思います。

1週間程度のレンジと、3ヶ月かけて継続したレンジでは
当然、後者のほうがエネルギーがたまっています。





 >> ランド円を損切りしない人の運命は? <<



⇒ セオリーさんはメルマガも配信しています





>>最近よく読まれている記事はコチラ<<


↓あなたがFXで勝てない理由はコレだ!
セオリーさんの課題をやると理解できるようになります

メインコンテンツ




ランド円でお困りなら
当ブログ訪問者の72.5%の人が読んでいます
↓お役に立てる記事になっています↓ ランド円大損バナー



ランド円相場見通し | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/06/20 14:32
 | HOME | Next »