↓FXで悩んでいませんか?当ブログを読むと苦しみから解放されます
メインコンテンツ


↓ランド円の相場見通しはコチラ
メインコンテンツ
TOP > ARCHIVE - 2016年08月

南アフリカランド円の為替相場見通し 2016年8月 最新日足チャート分析4

2016年8月の最新ランド円チャート分析をします。
ランド円相場の今後の見通しの参考にしてください。
※予想は1つに絞るのではなくて複数の見立てをしておくことが需要です。
ブックマークするなら
⇒ ランド円最新相場見通し
こちらのページを登録しておくと常にランド円最新のチャート分析のページなので便利です。
2016年8月30日更新



8月も残り2つ日となりました。
週足、月足レベルで陰線で終わりとなりそうな気配がしますね。

まずは週足チャートを見てください
2016-08-31_12h02_46.jpg
うーん、
決着付かずといった感じでしょうか?
しっかりと狭い範囲で上下に動いていますね。
上限に近づけば売り圧力が強まりますし
下限になると買い圧力も強まるので比較的予想はしやすい状況です。

次に日足ですが
2016-08-31_11h59_46.jpg
日足レベルでも、
トリプルトップ、トリプル底が見られそうな気配です。
ロング派にとってはしっかりとしたチャート形状になってくれると
安心だと思いますが、
市場というものは、安心が形成されてから
裏切られるとものすごい勢いがつくので
ランド円の場合はナンピンでついて行くのは絶対にやめておきましょう。




2016年8月19日更新


2016-08-20_11h02_59.jpg
南アフリカランド円は、へばり開始したのか?
みごとに意識されているラインで売り優勢となってきました。
こうなってくるとね・・・ドル円相場の状況にもよりますが上昇が厳しくなってきます。
へばるならとことんへばらせて欲しいものですね。
チャートの緑のラインは短期的には上昇を示していますが
やはり7.60円のゾーンは強烈なのかを今後は注視していきたいと思います。


人気記事
ランド円保有者の悩み!「目標」を見間違えていませんか?


2016年8月16日更新


久しぶりの更新となりました。
ランド円の状況をお伝えします。
まず、一番重要なのが、
「ずっと意識されていた上値抵抗線」である7.60円のゾーンへ
到達したということです。
(チャートの黄色ラインです)
2016-08-16_18h31_54.jpg
このラインを突破してくれると
まずは上昇トレンドの第一歩となるのですが、
チャート上に大きな赤枠で示してあるようにBOX圏の上限でもあるので
売られやすい場面でもあるのですね。
もしも私がランド円トレーダーならば試しに売ってみたい場面でもあります。
ドル円も弱っているので、久しぶりのドカーン下落には注意してくださいね。
クリックいただけると、ランド円人気ランキング1位の当ブログが見れます
にほんブログ村 為替ブログ 南アフリカランドへ
為替ブログ 南アフリカランドへ

2016年8月2日更新



8月に入りまして7月7日以降から比較的強く上昇していたランド円相場が、
先々月の6月高値である7.40円付近で力尽きてしまいそうな雰囲気を出していますね。
2016-08-02_08h53_01.jpg


さて、
今後上に行くか下にいくか?
どっちが勝つのか?楽しみながら予想することは良いですが、
まだ決着は付いていないので、決めうちはいけませんね。



クリックいただけると、ランド円人気ランキング1位の当ブログが見れます
にほんブログ村 為替ブログ 南アフリカランドへ
為替ブログ 南アフリカランドへ




⇒ 人気記事 「損切りは必要経費だ!」


↓あなたがFXで勝てない理由はコレだ!
セオリーさんの課題をやると理解できるようになります

メインコンテンツ




ランド円でお困りなら
当ブログ訪問者の72.5%の人が読んでいます
↓お役に立てる記事になっています↓ ランド円大損バナー



ランド円相場見通し | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/08/31 12:06

【ランド円】意識されているラインの見極め方2

前回の記事では
多くのロング派が生死の境目となったラインは9.50円だと書きました。



死亡ラインを下抜けたら
頭を冷やして、しばらく下落するだろうという
「下げ目線」も持つことが大切です。


死亡ラインを見つけたら、
次は、


ランド円の下落の起点となったラインを探します。
下落の起点とは、今現在の相場になってしまった
出発点のことです。


ダウ理論的を知る必要がありますが
簡単に言えば、
高値安値をジグザグと引いた
高値のほうを起点とします。


ランド円チャートの日足を見る限り
下落の起点となるのは
1回目が10.0円前後
2回目が8.80円あたりから始まっていることが
チャートから見て取れます



下落の起点が分かったら
次は、上値想定ソーンを見つけます。




前回の記事はコチラです
【ランド円】意識されているラインの見極め方1
⇒ http://okanehoshii.blog66.fc2.com/blog-entry-1074.html


↓あなたがFXで勝てない理由はコレだ!
セオリーさんの課題をやると理解できるようになります

メインコンテンツ




ランド円でお困りなら
当ブログ訪問者の72.5%の人が読んでいます
↓お役に立てる記事になっています↓ ランド円大損バナー



南アフリカランドFXで勝てない人へ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/08/26 10:42

メインコンテンツ

ご訪問ありがとうございます。
管理人のセオリーさんです。

このページは、メインコンテンツの入り口となります。

当ブログは
10年以上更新しており
分情報量が多いので、少しずつ読んでいってくださいね!




⇒ ランド円の相場見通しを確認したいならコチラ
↓ランド円の今後を予想中↓

ランド円見通し




⇒ 南アフリカランド円で勝てない人、勝ちたい人、含み損の人は、今すぐメール講座で考え方を学びましょう

2016-10-21_09h24_55.jpg




⇒ 管理人が勝っているセオリー流手法の詳細や
FXで勝つための丸秘情報をメール講座で学びましょう

メール会員
セオリー流を体験してみましょう





当ブログ最大の人気コンテンツです








※セオリー流が学べる180日間サポートになられた人へ!
⇒ よくある質問や注意点はコチラ
※セオリーさんからのメールが届かないなど・・・どうすれば良いか?


mail.png




※ ブログランキング1位を継続中!
応援クリックいただきありがとうございます。
にほんブログ村 為替ブログ 南アフリカランドへ
為替ブログ 南アフリカランドへ






当ブログ限定レポートを配布中(管理人セオリーさん作成!)


厳選レポート1


ランド円で稼げるのか?驚くべき結果が・・・・・
ランド円10万円

----------------------------------------------------

厳選レポート2


FXで勝ち続けるためには、””ダウ理論””をいつか学ばないといけません

ダウ理論エントリー方向
>>> ダウ理論を活用してエントリ-するべき方向が分かる方法


----------------------------------------------------

厳選レポート3

 押し安値と戻り高値を理解していますか?
※簡単なクイズに答えて、あなたの「ダウ理論の理解度」が分かります。
答えられないとヤバイかも・・・・・









日々更新中の記事

■ セオリーさんオススメのお金に関する本(※感想も書いています)

■ 損切りの苦痛から開放されるトレーニング


↓あなたがFXで勝てない理由はコレだ!
セオリーさんの課題をやると理解できるようになります

メインコンテンツ




ランド円でお困りなら
当ブログ訪問者の72.5%の人が読んでいます
↓お役に立てる記事になっています↓ ランド円大損バナー



メインコンテンツ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/08/24 12:27

【ランド円】意識されているラインの見極め方1

ランド円チャートを見て意識されているラインを見極めるには
ポイントがいくつかあります。


まず、
ロング円ホルダーが死亡したラインを探します・・・・
死亡と言うと言い方が悪いかもしれませんが、
言い換えますと、悲鳴を上げたライン、絶叫したライン、顔面蒼白になったラインとでも
言いましょうか?
つまりは、ロングホルダーにとって、つらい状況のきっかけとなったラインです。


多くのロング派が生死の境目となったラインは9.50円

9.50円より高値でロングポジションを決済した人は
その後6.50円までの大幅に下落を続けた相場を避けることができました。

2015年6月には10円を越えていたランド円が
その後3ヶ月の間に8円台まで下落していますから
これはきついですね。
3ヶ月で20%以上も資産減少したわけですから
スワップ益など一瞬で吹き飛んだことでしょう。


短期的には
意識したラインまでは簡単に戻らないものです




では
次の意識されるラインはどこでしょうか?


2016年に突入してから
現在6.30円から7.70円の間のレンジ相場となっていますが、
考えられるのは、下限を下抜けた場合です。


死亡ラインが発生する前は
レンジが続くことが多い。


レンジが続くということは
下限ライン付近に近づくたびにロングを仕込んでいる人が増えるため、
ロングポジションが一時的膨らみます。
その膨らんだポジションが、下限下抜けによって
一気にロスカットを巻き込んで下落が強まるわけですね。


ロスカット狩りという可能性もありますが、
たいていは死亡ラインまでは戻ってきません


ランド円チャートを研究されているブログがたくさんあります
にほんブログ村 為替ブログ 南アフリカランドへ
為替ブログ 南アフリカランドへ
※意識されているランド円チャートの見極め方のつづきを見たい人は上記をクリックしてください、当ブログの更新のはげみになります











↓あなたがFXで勝てない理由はコレだ!
セオリーさんの課題をやると理解できるようになります

メインコンテンツ




ランド円でお困りなら
当ブログ訪問者の72.5%の人が読んでいます
↓お役に立てる記事になっています↓ ランド円大損バナー



南アフリカランドFXで勝てない人へ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/08/22 11:28

ランド円チャートを見ると、ぜひ売ってみたい場面?

ランド円ホルダーの90%以上はロングを保有しています。
ですから多くの人が負けていることが安易に推測されます。

よく、含み損は負けが確定していないと言い張る人がいますが
含み損は現実問題として負けている状態であることには変わりなりですし、
含み損を放置するということはさらに負が拡大する恐れもあることから

潔く負を確定させるトレーダーよりも
リスクが大きいものです。

ですから
含み損も立派な負けとなります。


ここ最近の
ランド円チャートを見てみて
ちょっと売って見たいなぁと思えるチャートになってきました


ただ
確実に下がるわけではなくて
あくまでも、セオリーさんがランド円トレーダーならば
売ってみたら面白いかなという程度ではあります。


売りたいとはショートを入れたいということですが
そうするとロングホルダーにとっては
迷惑な話で・・・・


できれば
高値でもどんどんロングを仕込んで欲しいというのが
ロングホルダーの願いであることは承知しています。


FXでも株でもそうですが
自分よりも高値で買ってくれる人がいないと上昇はしないものです。
だから、なかなか上昇はしない・・・

一方
下落の場合は、
ロスカットがありますので、「売りたいくなくても」
強制的に売り注文が入りますから
必然的に大きな下落が一気に進むことが多い。


そんな下落が年に1,2回
大きな下落が数年に1回は起こるのですから
ランド円ホルダーにとってみたら本当に迷惑な話ですね。


ランド円のような高金利通貨は
常に大きな下落のリスクがあるので
そのことに気が付いている人は
ロングなどしませんね、

たいして
上昇しないですし・・・
メリットもありません。


私はメルマガで
ランド円ホルダー救済企画というのをやっています。


これは
ランド円に洗脳されてしまった人を対象として
考え方を改めるためのノウハウとなっています。


毎月、30人くらい
申し込みが入っている貴重なノウハウとなっています。


直接セオリーさんあてに「下さい」と問い合わせをいただいても
あげることができませんので


かならず
セオリーさんからのメールをしっかりと読んで
受取方法を知ってください。


ランド円ノウハウを学ぶためには
⇒ セオリーさんのランド円のメール配信登録を受ける必要があります
※期間限定
















↓あなたがFXで勝てない理由はコレだ!
セオリーさんの課題をやると理解できるようになります

メインコンテンツ




ランド円でお困りなら
当ブログ訪問者の72.5%の人が読んでいます
↓お役に立てる記事になっています↓ ランド円大損バナー



南アフリカランドFXで勝てない人へ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/08/20 18:07
 | HOME | Next »