↓FXで悩んでいませんか?当ブログを読むと苦しみから解放されます
メインコンテンツ


↓ランド円の相場見通しはコチラ
メインコンテンツ
TOP > ランド円不都合なロスカット事件 > title - ランド円の第2次暴落勃発!不都合なロスカットも発動!

ランド円の第2次暴落勃発!不都合なロスカットも発動!

ランド円の第2次暴落がおきました。


2015年12月の暴落に引き続き、
比較的大きな下落ですので、暴落対策を取らなかった人は、
致命傷を被ってしまったのではないでしょうか。


すべての業者を調べるのは大変ですので、


私が、ランド円を保有していたときの業者と、
現在、メインでトレードに使っている業者の
ランド円の最安値を紹介します。


ちなみに本日は、
2016年1月11日成人式です。
本来ならおめでたい日ですが・・・・



業者別最安値 一覧



外為オンライン 6.48円
セントラル短資 6.22円
GMOクリック証券 6.604円

この他の業者についても調べていますが、
あまりにもバラバラのレートなので、
これは、実質レートというより、

各業者ごとのスプレッドの拡大が
引き起こした結果と言えるでしょう。


言い換えますと、

昔起きた、
・セントラル短資の誤チャート事件や
・クリック365の誤チャート事件

とは違い、
ロスカットが取り消しになることは無いということですね。

事件でもトラブルでも何でもなく

各社がリスク回避のために
スプレッドを拡大させただけのことですので、

ランド円ホルダーは
現実を受け入れないといけません。


あっちの業者だったらロスカットされなかったのに・・・と
悔やまれる人も多そうです。


ランド円は危険?の記事でも言いましたが、

ランド円の最大のリスクは
単純に暴落することだけでなく、

業者の不都合なスプレッドの拡大で、
ロスカットに巻き込まれてしまうということです。

しかも、
ロスカットされたあとに、そのままさらなる下落が続いていけば良いのですが、
意外と、反発して髭がでてしまうほどの上昇を
していくケースも出てきます。


不都合なロスカットをされて、
反転上昇されてしまったら泣くになけないですよね。


ランド円救済企画に申しこんだ人で
やっぱりキャンセルしてしまった人には
申し訳ありませんが、

これがランド円の現実です。

なるべくならば痛い目に合う前に
トレードスタイルの改善を図って欲しいものですが

人間ですので
なかなか行動するのが難しいかと思います。

ランド円が下落をし、安く感じる
新規のホルダーさんも増えくるにつれて

ランド円の情報サイトやブログが
今後も増えてくると想定されます。

これ以上、被害が増えないことを切実に望んでいます。
関連記事


↓あなたがFXで勝てない理由はコレだ!
セオリーさんの課題をやると理解できるようになります

メインコンテンツ




ランド円でお困りなら
当ブログ訪問者の72.5%の人が読んでいます
↓お役に立てる記事になっています↓ ランド円大損バナー



ランド円不都合なロスカット事件 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2016/01/11 14:22
コメント
No title
GMOは6.604円が最安値でした
一枚逆指値に巻き込まれましたが、幸運だったのかも

管理者のみに表示