FC2ブログ
↓FXで悩んでいませんか?当ブログを読むと苦しみから解放されます
メインコンテンツ



【注目】管理人のセオリーさんが2000万円突破した、具体的な秘訣を公開中

TOP > FXの売買ルールの作り方 > title - リスクリワードレシオの算出法と大切さ。

リスクリワードレシオの算出法と大切さ。

【FXの売買ルールの作り方2】

引き続き、売買ルールの作り方について
説明していきたいと思います。


なぜ売買ルールを作る必要があるのか?
初心者の人は、必要性すら感じていないことと思います。


中級者になると
いったい利益を出すにはどうすれば良いのか?を
真剣に考えるようになるのですが、


FX初心者というのは、
適当トレードでも利益を出したことはある人が多いので
どうしても、厳格なトレードルールを面倒臭がる傾向があります。



FXの現実を知っている人なら理解できると思いますが、

利益を出せても、利益を「残すこと」は難しい。

トレードを始めて3年以上経過していようが、
利益を残せないということが良くあるFXの悩みの1つになっているのです。



まじめな性格の人は、
損切の大切さに気が付くと、次のトレードでは損切り設定をしっかりするようになる。
最初のうちは損切りをしっかりとする。

エントリーは待つことが大事だ!と
本に書いてあれば、
何時間も待ってエントリーをする。

資金管理が大切だと耳にタコができるぐらい聞かされれば、
今までよりもLOTを減らす。

しかし、それらのすべては
最初だけ!で、

利益を残すことができない!!

残るのは
塩漬けポジションだけ!!!


エントリールール
損切りルール
利益確定ルール

この3つが大切なことは誰でも分かると思いますが、

ただ適当にルールを作れば勝てるというわけではありません。


勝てないルールを作ってしまう典型的な過ちの1つは、

リスクリワードが適当すぎる!いうこと。


たいていの人は、利益確定は大好きなので早めに、
嫌な損切りは遅めにする特徴がありますので


手にする利益は小さいのに
損切り額が大きいルールを作ってしまいがちです。


それだと
連敗が続き勝率が悪くなったとたんに
利益が吹き飛ぶので冷静にトレードできなくなります。


--------------------------------------------------
たとえば
利益確定が5PIPSで 損切は15pipsに設定しているとすると
せっかく3連勝しても次に1敗すればトントンになってしまう。
逆に、1敗からスタートした日は、
4連勝しない限り、利益が出ない・・・
--------------------------------------------------



こんなに分が悪いことをしているFXトレーダーは本当に多い。


「コンビニのアルバイト時給が200円」でも
あなたは働く気がありますか?

どう考えても
自分のしていることに対して、手にするお金が小さすぎます。


どんなに分の悪いトレードルールでも
人間というものは一度手を出してしまうと
「これで利益を出すことが できるはず!」と
思い込んでしまう(洗脳状態)になってしまうものなのです。



最適なリスクリワード は
自分のルールを確立する上で重要になってくるが


利益よりも損失が大きいという
誰が見ても分が悪いトレードルールを絶対に作らないようにしよう!
は、



苦痛を感じるトレードは
絶対に長続きはしない。



ここまで損と利益の比率の話をしてきたが


あらためて
リスクリワードレシオとは?を説明していこう。



「平均獲得pips」÷「平均損失pips」のことで

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
リスクリワードレシオ:0.5 ⇒ 勝率67%で±0
リスクリワードレシオ:1.0 ⇒ 勝率50%で±0
リスクリワードレシオ:1.5 ⇒ 勝率40%で±0
リスクリワードレシオ:2.0 ⇒ 勝率33%で±0
リスクリワードレシオ:3.0 ⇒ 勝率25%で±0
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こういうことになります。

当然だけど、
利益が大きく損を小さくすれば
勝率25%でもトントンになる。

逆に
利益を小さくすれば利益確定をしやすいけれども
勝率6割を切るとマイナスになってしまう。



たいていの人が負けてしまうのは
高い勝率を目指しすぎるからだ。


高勝率を求めるほど
利益幅が小さく、損切り幅は大きくという
手法しか選択をせざるを得なくなる。


利益も小さく損も小さくという手法は
「皆無」であるが、


面白いことに、
FX情報商材の中には
高勝率のものが存在する(笑)


そういう情報からは
逃げたもの勝ちで、

勝率を3割から5割でもOKという割り切りができたときに
FXの成績が向上するきっかけとなるものです。


まじめな人や学生時代に優等生だった人ほど、
損切りを「負け」だと思い込む傾向がありますので、

高い勝率にこだわってしまいがちなのは仕方ありませんが、
高勝率は分が悪すぎるので
そろそろ終わりにしたほうが良い。



セオリー流FX手法は、勝率は4割から6割の間に落ち着いています。

それでも
利益は残りますから十分だと思っています。


勝率にこだわると利益が残せないというのは
セオリーさんが身にしみて実感していることです。



関連記事



この記事とか重要なんで、絶対に読んでおくようにしてください。 セオリーさんのプロフィール読むだけでもヒントがありますよ。

>>> FXで悩んでいませんか?管理人のセオリーさんが2000万達成の秘訣を公開!!





↓あなたがFXで勝てない理由はコレだ!
セオリーさんの課題をやると理解できるようになります

メインコンテンツ




ランド円でお困りなら
当ブログ訪問者の72.5%の人が読んでいます
↓お役に立てる記事になっています↓ ランド円大損バナー



↓ランド円の相場見通しはコチラ
メインコンテンツ
FXの売買ルールの作り方 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/09/01 15:23
コメント

管理者のみに表示