FC2ブログ
↓FXで悩んでいませんか?当ブログを読むと苦しみから解放されます
メインコンテンツ



【注目】管理人のセオリーさんが2000万円突破した、具体的な秘訣を公開中

TOP > 南アフリカランドを損切りするべきか? > title - 南アフリカランドで学ぶ 損切りは奥が深いのか?

南アフリカランドで学ぶ 損切りは奥が深いのか?

南アフリカランドだけでなく
どの通貨でトレードしていても損切りは必須です。


そんな
損切りは奥が深いのか?
考えたことありますか?


物事って何事でも
こだわればこだわるほど奥が深いなと感じることがあります。


テニスやゴルフ、カラオケ、
どんなことでも上達するためには
やればやるほど「奥深さ」を感じてしまいます。


損切りも同じで
奥が深いなと感じている人は多いかと思います。


私、
セオリーさんも
過去トレードにおいて

損切りされてからドンピシャでドテン反発するなど

「あー損切りにならなければ大勝ちだったのにな」
と肩を落とした経験は何度もありました。



そういう経験が増えれば増えるほど、
なんだか、がっかりする事自体が、
無駄であると思えるようになるのですが、



最初の頃は、自分のルールを確立できていなかったので


「もしかしたら損切り幅が狭すぎるのかな?」
「もしかしたら損切り幅が広すぎるのかな?」


という疑問を常に持っていました。



ある日突然、トイレに入っているときに「ビビビっ」とひらめいて
黄金の勝ちルールが舞い降りてくることは奇跡が起きない限り
皆無なので、



現実は、

理想的な損切りはどうすれば良いか?あらゆる仮説を立てて、
過去チャートを利用して検証作業を進めながら


損切りと利益の設定を改善していく必要があります。



あなたもトレード歴が長くなると分かってきますが

最初のトレードでは損切りを10PIPSに設定していたのに、
何度か損切りをされてしまうと、

いきなり30PIPSとか50PIPSなど
損切り幅を極端に大きくしてしまうことがあります。


リアルトレードではよくある話なのですが、

実は、
過去チャートを利用して検証している際にも
してしまうことなのです・・・


せっかく1つの仮説を立てて検証を始めたのに
ちょっと連敗などしだすと、

すぐ、損切り幅をいじって、
検証しなおすことは
根本的にトレードスタイルが変わってしまうので
やってはいけないのです。



大幅に利幅と損切り設定を変えてしまうと
もろに勝率に影響が出てしまいます。



変更するとしても
損切り幅10PIPSを15PIPSにしてみようか?
その程度にするべきです。





繰り返しますが
重要なお話をします。





損切りをしたくないからと、損切りを大きくするのは止めてください。
そうではなくて、この損切り幅ならどのくらいの利益幅がとれるか?
最初に設定した利益幅を小さくしたり大きくしたりしてください。






損切りをしたくないからと
損切り幅を100PIPSにすると
少なくとも利益幅を
200から300PIPSにしないといけません。



そうでないと
バルサラの破綻確率上
破綻してしまうからです。


だから
損切り幅はギリギリまで小さくして
いかに利益幅を大きくとれるか!を
検証してルール化していくのです。


初心者の人は
ルールを確立するまでの過程で
必ず損切り幅を大きくしようとします。


人間はそういう
セコイ生き物なんですよ。


そういう習性があることも踏まえまして


負け組みトレーダーがしてしまう
損切り幅を大きくしてしまう傾向を

真似しないように
注意してもらいたいものです。


損切りは奥が深いねぇと
感心している前に

まずはルールを作りなさい。


そういうことです。
関連記事



この記事とか重要なんで、絶対に読んでおくようにしてください。 セオリーさんのプロフィール読むだけでもヒントがありますよ。

>>> FXで悩んでいませんか?管理人のセオリーさんが2000万達成の秘訣を公開!!





↓あなたがFXで勝てない理由はコレだ!
セオリーさんの課題をやると理解できるようになります

メインコンテンツ




ランド円でお困りなら
当ブログ訪問者の72.5%の人が読んでいます
↓お役に立てる記事になっています↓ ランド円大損バナー



↓ランド円の相場見通しはコチラ
メインコンテンツ
南アフリカランドを損切りするべきか? | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/10/01 16:21
コメント

管理者のみに表示