↓FXで悩んでいませんか?当ブログを読むと苦しみから解放されます
メインコンテンツ


↓ランド円の相場見通しはコチラ
メインコンテンツ
TOP > 法人FXトレーダーの本音 > title - 鉄板トレードと聖杯は存在するのか?

鉄板トレードと聖杯は存在するのか?

鉄板トレードや聖杯は存在しない。

正確には存在するかのような情報がネット上にあふれている状態だから

何となく手にとどきそうで届かない

モヤモヤした存在なのだろう。



だから

FX初心者は、情報を求めて、さまよい続ける。


恋愛と同じで

大好きな人に、いっそのこと思い切り振られたほうがスッキリするのに

気があるようなそぶりをもたれてしまうと

なかなか、諦められなくなるのが人間の常だ。



聖杯がないと

分かっていれば、スッキリすると思うが

あなたは、聖杯があると信じていますか?



もしも本気で信じているとしたら

この先、お金を落とすことになりますので


落としてからでも良いので

セオリーさんに相談してみてください(笑)





鉄板トレードについては、

何をもって鉄板とするか?

それによって若干見方が変わってしまいますが



あなたが

3ヶ月連続でコンスタントに勝つことができた

手法は、鉄板トレードでもOKとしたいところだが


世間でいう鉄板トレードとは

こうなったら勝率がほぼ100%だという

聖杯に近い意味で使われているような気がする。



鉄板チャートパターンというのがある。


主な3つは


・WトップとかWボトム

・N時

・レジスタンス、サポートライン


この3つだけど、

Wトップになったら絶対に下落するとかじゃなくて、

下落するときには、このようなチャートパターンになるという意味なので

その後、下落しなければ、Wトップの形状が崩れて上昇してしまうわけなので


そんなときに

意地でも損切りしないでショートで攻めまくるというのは

間違い。


あくまでも

鉄板チャートパターンは

その後のトレンドを頭の隅に把握しておくことで

戦略が立てやすくなるということ。


だから

最終的には、自分の中で、


ロングかショートを決める材料として

鉄板チャートパターンを活用するくらいが

ちょうど良い。



どこの誰だか知らないところから得た情報で

「これは鉄板です」

「これは聖杯です」と言われたら


真っ先に逃げたほうが良いだろう。



⇒ セオリーさんが教えているセオリー流FXトレードとは?


※ これを読んでいるサポート生へ

質問などは優先的に早めに返信するように心がけていますが
課題の提出のためのメールにつきましては、チェック作業を行ってからの返信となりますので
数日かかる場合がありますのでご了承下さい。

関連記事


↓あなたがFXで勝てない理由はコレだ!
セオリーさんの課題をやると理解できるようになります

メインコンテンツ




ランド円でお困りなら
当ブログ訪問者の72.5%の人が読んでいます
↓お役に立てる記事になっています↓ ランド円大損バナー



法人FXトレーダーの本音 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015/08/06 11:13
コメント

管理者のみに表示