FC2ブログ

ランド円を長期保有すると下落する理由

ランド円が下落する理由の1つに、時間的優位性があります。

時間的優位性とは、南アフリカランドの政治状況とか、ムーディーズなどの格付け会社によるジャンク認定とか、そういった我々一般市民でも知ることができるニュースが要因で下落するわけではなくて、もっと大きな力が働いて長期間かけて下落を続けるということです。

損切りする必要があるかは、大きな力に逆らっていないかを自覚するとよいでしょう。
逆らっていると思えば損切りしてしまえばよいです。


大きな力って何なのかと言いますと、
金利です。


以前のランド円は日本円との金利差が15%近くありましたね。
高金利通貨の運命は、今の相場を見て分かるように下落の一歩をたどっています。

下落すれば買う人もいるので、一方通行に下がり続けることはないでしょうが、
大きな下落圧力には適わないものです。


時間的優位性は、今日下落するかは分からないけれど、明日下落する確率は今日よりも高く、1週間後はさらに高く、1ヵ月後、半年後、1年後にもなると、下落する確率は大幅に高まります。


ランド円が下落している状況を見て、結局売りが売りを誘い、時間をかけて下落していくのですね。
あなたも、周りの様子を見て物事を決断したことってありませんか?学校や会社で他人の意見と手をあげて言うことって勇気がいりますよね。

みんな大きな流れに沿ってついていってしまうのです。


日本人は特別でしょうか。世界から見れば下手糞なトレーダーとして有名です。
常に、世界とは逆の方向にポジションを持ちますからね。
ランド円なんか良い例で、みんなロングでしょう?

いつか上昇することを夢見てロングを持つのです。

いつか売り崩されて大損です。



さらに、興味のある人は、
ランド円のメルマガでご紹介しているレポートにもまとめてありますのでご覧下さい。

関連記事

0 Comments

Post a comment