FC2ブログ

「感情コントロール」が出来ないと確実に負けます!

信じられる人しか読まないで下さい。

・毎日チャートを見ては含み損を確認して、「ため息」を付くのは最初だけ、日々の日課を続けていくと、そのうち含み損を見てもため息は出なくなります。慣れてしまうのですね。

含み損に慣れた人が次に何を考えるか?
そのうち戻るだろう。このあたりでナンピンすれば儲かりそう・・そんなことを考えてしまう。

トレードスタイルが確立していないあいだは、適当なトレードをすることが多いです。
そして、当たり前のように負けてしまう。

「あー、負けた!」


実は、トレードする前から負けることは分かっているのです。

トレードスタイルが確立していないのにトレードすれば、当然のことですがトータルで負けます。
本当は自分自身で分かっていることなのです。

実力不足を分かっていながらトレードしてしまう、そんな人が多いのです。


人間の本能は不思議なもので、「負けることが分かっていてもトレードをしてしまう」能力を持ち合わせています。
言い換えますと、「負けるためにトレードをしたい!」と心の奥底では思っているということです。


トレードをしないと心がスッキリしません。
負けたくて仕方がないのです。


では、勝てる投資家はどういう人達のことを言うのでしょう。
まず、セオリーさんの場合は、トレード能力は中の上くらいだと思っています。
(数十億も稼ぐトレーダーには及びません・・)

ですが、1つだけ初心者の人とは違うことがあります。
それは、感情のコントロールです。

感情のコントロールが出来るようになると、同じ条件でトレードしても結果が変わってきます。

たとえば、損切りを20PIPSに設定しておいたのに、あと数PIPSで損切りされてしまうとなると、突然損切り設定を外してしまう人は、「損切りされたくない」という感情が働いてしまって、行動してしまうのです。

ただ、セオリーさんの場合は、行動はしません。


「損切りを外したい」と一瞬は思います。ただ、その瞬間に「しても意味ないな」と思えるのです。

この違いは何か?

感情のコントロールなのですね。


感情コントロールも出来ない人が、リアルマネーを投じて勝てるわけがありません。

勝っている人は、ほとんど感情コントロールできていますよ。


感情をコントロールするためには?
答えは1つ。

トレーニングするしかありません。

セオリーさんは、180日間サポートというFXトレーニングを仕方を教えていますが、興味のある人はご連絡ください。

答えは出ているのですから、あとはやるだけですよね。



関連記事

0 Comments

Post a comment