FC2ブログ

相場予想と資金繰り

>>セオリー流180日間サポート<<
↓更新の励みになります。クリックお願いします。 にほんブログ村 為替ブログ 南アフリカランドへ
にほんブログ村



南アフリカランド日記【2011年2月3日更新】

皆様、ブログのご愛読ありがとうございます。
おかげさまで日々のアクセス数が徐々に増えてきました。 特に何の努力もせず、投資というのはこんなものなのだなぁ?と 実感していただければ幸いです。

さて、アクセス数の増加とともに さまざまな訪問者の方がいらっしゃいます。
コメント欄にて、「これはポジションとーくでは?」とか 「自信があるのならば1000万円以上の投資をするべきだ」とのご意見を頂いています。
はっきり言えば ポジショントークとは 有名超円安論者「藤巻氏」がメディアを利用して長年行っている事ですね。 こうも外し続けている人の話ですら信じてしまう人が多い事に驚きます。 私のブログは相場を動かす影響力などあるわけがなく ポジショントークとは無縁です。

さて、もう一つ、
私はドルショートを90円台の時から持っていますが
同じ時期に、投資初心者の知人にもドルショート投資を進めております。
お金が10万円しかないということなので
1万ドルしか保有していませんが
今では10万円以上の含み益です。
しかも私が、ドル円が100円になることはないと口約束をしている上に 10万円をプレゼントしています。
もし100円に戻れば、その知人はロスカットされますが 私が10万円をあげているので 実質損はないわけです。
このような事が出来るのも
個人的には、ドルが60円50円と進んでいくことが
目に取るように分かっているからだと思っています。

しかし、相場予想と資金繰りは「別問題」であります。

自分の余裕資金の把握は当然のこと、 FX業者のルール変更や スプレッドが超開いてしまったり、レバレッジ変更などで やむなく市場から退場せざるを得なくなる事があるわけです。 ドルショートの場合は 支払いスワップポイントの増額!などの心配もあるわけですね。
そう考えますと 「相場予想」がいくら正しいといえども 資金繰りを踏まえた投資をしなくれはなりません。

決して「投資金額の大きさ=相場予想の自信」ではありません。

そのへんを分かっていただくと 正しい投資手法というものが見えてくると思います。