FC2ブログ

FX 法人化や税金についてNO2

>>セオリー流180日間サポート<<
↓更新の励みになります。クリックお願いします。 にほんブログ村 為替ブログ 南アフリカランドへ
にほんブログ村

南アフリカランド日記【2011年5月20日更新】


法人化にするとレバレッジ規制が外れる。これは結構魅力があるだろう。

たとえば

2011年8月以降の個人はレバレッジ25倍(証拠金率4%)になる。

ドル円のショートポジションを100万ドル持つとしたら

(個人) 100万×80円×4%で320万円
(法人) 1%のFX業者ならば80万円

の証拠金の違いが出てくる。

個人と法人の差は「240万円」である。

お金があまりなり駆け出しのデイトレーダーにとっては

証拠金の少なさは魅力的であろう。

一方我々ゆったりドルショート派はどうであろうか?

たとえば500万円の現金残高がFX口座に残っているとしよう

レート80円の時に100万ドルショートを持ったとすると
個人の場合には
81.80円でロスカットをされる計算になる
(※未実現損益が証拠金の100%下回ったらロスカットという設定)

法人の場合は
証拠金が80万円と少ないため超過証拠金が420万円もあるから
ロスカットレートは84.20円である。

その差は2.4円もある。

デイトレーダーだけでなく
今後のドル円相場が70円60円と落ちて行く事が確実とされている
ゆったりドルショート派のみなさんも
一時的なインチキ円安によって無意味なロスカットをさえる事がなくなるため
メリットはあるだろう。


念のため警告しておくが
法人化して証拠金が1%になれば
言いかえれば「たくさんのポジション」を持ててしまうという事である。

500万円入金をしようが
200万ドル、300万ドルと所有してしまったら
それこそ個人の時と変わらず
1~2円動いただけでロスカットになってしまうだろう。

気をつけなければいけないのは
入金額に対するポジションの保有数であることは
言うまでもない。



※このコーナーの人気度を調べています。
ぜひ拍手やコメントなどで応援して下さると
はげみになります。