fc2ブログ

FX 法人化や税金についてNO3

>>セオリー流180日間サポート<<
↓更新の励みになります。クリックお願いします。 にほんブログ村 為替ブログ 南アフリカランドへ
にほんブログ村

南アフリカランド日記【2011年5月20日更新】

【設定】
資本金100万円のFX投資法人を作り
個人資金の100万円を会社に貸付してのスタートとする。
しかもこの100万円はFX業者の口座に入れてしまうものとする

2012年の成績は以下のようになったとする

ドルショートポジションを80円で50万ドル保有し
法人決算日のレートは74円だったので
未実現損益の合計が「300万円」
法人の場合は決済しなくても未実現損益までも
税金の対象になってしまう時価評価?時価会計?である。
要するに利益の確定を先延ばしにする事はできない。

このように
FX投資法人の1年間のFXの利益は「300万円」で確定したとしよう。


細かい話は抜きにして税金の話に移ろう。
(実質1人オーナー会社のため社会保険には加入できなかったとする※最近は入れない事もあるらしい・・・)

法人の場合
収入=300万円
役員報酬=288万円
法人税=2.16万円
法人事業税=0.32万円
法人市町村税等=7.36万円

個人としては
FX投資法人から
報酬として288万円を受け取るのでそれに対する税金がかかる

収入=288万円

所得控除総額=217万円
内訳(給与所得控除104万、国民年金18万、国保16万、生命保険5万、基礎38万、小規模共済掛け金36万)

市県民税・所得税総額=10.5万円

最終個人手取=約207万円+(小規模共済掛け金36万円は積立金として貯蓄)


FX法人にしたからには
法人と個人にかかる税金(年金も含む)の合計にメリットがなければならない。

法人が支払う税金=98570円
個人が支払う税金=445900円
合計=約54万円

法人化する事によって
300万円の利益が
税金で54万円
小規模共済積立金で36万円
そして法人と個人の最終残金が210万円という結果になった。


さて、
これが個人の雑所得だとどうだろうか?
2012年からの申告分離課税20%を想定してみよう。

FX利益300万円
市県民税60万円
国保・国民年金41万円

税金総額101万円
手取199万円
小規模共済積立金0円


結果

手元に残るお金が
法人の場合が210万円、個人の場合は199万円と
法人の方が11万円ほどしか浮いていないと思われるが
法人の場合はこの他に
小規模共済の積立金を36万円支払っており
これは将来退職金として帰ってくることを考えると
実質47万円分得しているという事になる。

もちろん
税理士に頼む場合は
多額の依頼報酬を支払うはめにはなるが
(多分決算まで丸投げすると年間で最低24万円以上はする)
FXだけの申告なので
多少努力すれば自分で出来るだろう。

さて、
上記の場合は
未実現損益が300万のプラスで決算日を迎えたから
300万円が確定利益となってしまったパターンだけれど
実際には
決済していないのだから
FX口座上では現金残高は増えていないのである。

このFX投資法人は
100万円の現金残高しかないわけだから
どうやって自分自身への288万円の報酬を払えば良いのだろうか??


答えは簡単である。
自分から会社に再び貸付をして
会社にお金を入れて
そして自分に報酬を支払えば良いのだ。

税務上は
会社への貸付はよくある話で
オーナーが会社の運営の為に
個人的資金を投入することは珍しいことではない。

しかし逆に
会社のお金を報酬以外で
自分に渡してしまうと
それも報酬とみなされてしまうので注意が必要だ。

ある程度、自分に手持ち資金がある場合には
FX利益300万円程度でも
このように節税ができることが分かったので
期待が持てそうである。

少なくとも
個人でFXとやる時に比べて
法人の場合は証拠金が4倍も違ってくるので
その浮いた分を法人の資金としてお給料なりに回した方が
お得なのではないかと思う。

さて次回は
200万円程度でも
節税が出来るか
シュミレーションしてみようと思う。

※間違いがあったり疑問があればぜひコメント欄でお知らせ下さい。
※このコーナーの人気度を拍手で調べています。ぜひクリックをお願いします。