FC2ブログ

ランド円は買い増しへ、ドルショートはほったらかしで

>>セオリー流180日間サポート<<
↓更新の励みになります。クリックお願いします。 にほんブログ村 為替ブログ 南アフリカランドへ
にほんブログ村

【南アフリカランド日記 9月25日更新】

今月は

長期ロング派が苦しんでいる事でしょう。

ランド円が8円台突入近くになった時に、さすがの私も

ランド円をロングで買ってしまいました。

本音を言えば豪ドルも欲しいのですが

まだまだ豪ドルは高い気がします。

豪ドルは70円台、60円台へと下がったとしても大丈夫なように

少しずつ買う予定であります。

ドル円に関しては

76円割れを死守するかのように極端には円高にはなりません。

米国はゆるやかなドル安は構わないが、

ドルの信用だけはなくしたくないのでこのような相場の動きになるようです。

ドルの価値を守るためには金や銀の暴落もあり得る話でしょう。

注意しなくてはならない事は

ドルの価値信用を守る事と、相場がドル高円安になるというイコールは成り立たないという事です。

ドルの価値は守った上でゆっくりと米国は「ドル安」にしていくことが目的なのです。

それに我々個人投資家は便乗して利益を出さなくてはいけませんね。

円高が日本経済を苦しめているという日本政府の発表は

あくまでも「表向きです」

介入もたまにはしますが、それは「米国債」を買うために行うだけであり

決して円高対策ではありません。

介入があればドルショートの買い増しを行う決定的なチャンスなので

みなさんも見逃さないようにしましょう。

資金を一度に無くさないためには

短期的な相場の上下の変動にのまれないように

コツコツ買います事が必要です。

私のように90円台でドルショートを持てれば

本当に後は気が楽になります。

皆さんも70円台で持って、60円台になった時に

同じ気持ちを味わって下さい。

では「円安にいったらどうなるのですか?」と心配されている人は

「それなら投資をしなければ良いのではないですか?」

とお答えします。

投資はリスクを伴いますから

ブレブレのあいまいな自己都合な投資手法だけは避けて

後悔のない投資をおこなってください。