fc2ブログ

円高対策は「円高問題先送りと株価対策」の事

>>セオリー流180日間サポート<<
↓更新の励みになります。クリックお願いします。 にほんブログ村 為替ブログ 南アフリカランドへ
にほんブログ村

【南アフリカランド日記 9月30日更新】

政府が円高対策を発表しました。

さすがに、このニュースは私もほっておけないのですが、

さほど心配するほどでもなさそうです。


まず、政府が円高よりも気にしている事が「日経平均株価」が下落している事です。

日経平均がこのままズルズルと下がると、日本の企業、日本経済は本当にまずい事になります。

米国をはじめ世界を動かす金融猛者たちもその辺は分かっていますから、

たとえば、3月11日の大震災の時のように

何かにつけて原因をこじつけ一瞬にして株価を下落させるという作戦にでるようです。

ですから、一瞬5000円台とか6000円台とかは今後ありますが

しばらくすれば日本政府も対策をしますから

その後、株価は反転する事になります。

日本をいじめすぎると、それこそ世界恐慌に突入する事は

世界は分かっているようです。

日本政府が一番怖いのは

ジワジワと日経平均が下がり、しかも7000円台とか6000円台で相場が長期にわたり

停滞してしまう事です。

しかし本来株式相場とは自由市場ですから、政府が簡単に口出しをして株価を吊り上げる事は

してはいけないはずです。

日本政府が行おうとしている円高対策とは

言いかえれば日本の株価対策にあたります。

何とかして日経平均を10000円台に回復させたいようです。

株が上がれば、何故だか知りませんがドル円相場も円安へ向かうようです。

世間では今すぐにでも日本政府は為替介入をすると騒いでいますが、

政府が今すぐ介入しなくたって

日本の主要な大企業は円高対策はすでにしていまから問題にはなりません。

おそらく中小企業対策で

日本政府がここまで円高に関心を持って対策をするつもりですよ~というアピールにすぎません。

結局、

円高進行を数カ月先送りにしているだけにすぎず

ドル売り円買いの流れは今以上にどんどん大きくなってきますから

口先介入的な事をすればするほど、後にドカーンと超円高は来るわけです。

76円→82円→72円→76円→68円→72円

このように、

介入しては円高になり

また介入しては円高になり続けます。

この流れを無視してはFXでは勝てません。