FC2ブログ

皆さんもドルショートでゆったりしましょう

>>セオリー流180日間サポート<<
↓更新の励みになります。クリックお願いします。 にほんブログ村 為替ブログ 南アフリカランドへ
にほんブログ村



【南アフリカランド日記 3月11日更新】




本日は3月11日、東日本大震災から1年です。

東京電力、国は真実を国民に知らせ、そろそろ日本人を目覚めさせるべきです。
(詳しくは割愛)

マスコミでは直下型東京大震災が起こるなどと煽っていますが、
学者によると70%などという確率で
はあいまいでくるかこないかわからないといいます。
ただ、実際に起きたときに困った人を助けられるように、
私は備蓄をしています。女性人を助けるために「簡易トイレ」は男性人は必須です。
きっと喜ばれます。



さて、ゆったりドルショート投資法についてですが

http://okanehoshii.blog66.fc2.com/blog-category-19.html

↑こちらに2010年1月に記事を紹介しました。

当時は、100円に戻す!米国は衰退しない!という風潮が強かったため
知人にも理解されず、1人でドルショートを始めたのですが、
その知人に私の理論が認められたのは80円割れがおきてからなのです。

正直、私は「タイミング悪いな、始めるの遅すぎ」と思いました。

90円台で始めた人は
ドルショートポジションを買い増しするならば、
介入後や短期的な円安の時がベストなので

今回の82円越えに関しては、
私の予想は外れたとはいえ、本来は喜ばしいことなのです。
予想も大事ですが、結果として利益を出して
市場から去っていくのが理想です。

あらためて皆さんに警告をしておきますが
やはり資金不足は致命傷になります。
「ゆったりドルショート投資」は1~5円程度の
円安で「ドキドキ」してしまうようでは
それは投資する以前に「資金管理不足」というものです。

76~78円でドルショートの追加ポジションを持つべきではないと
私は述べていましたが、
新規の場合は「とにかくドルショートポジションを持たないと始まらない」からと
推奨していました。

今、ハラハラしている人たちは
おそらくその時の人たちなのでしょう。

ただ、82円を超えたからといって
米国が元気になるわけではありませんし、次回の嘘の雇用統計で1~2円の
ドル安があることも想定されます。
1~2年の間で「米国が元気になったり沈んだり」などあり得ないのです。

雇用統計やさまざまな情報発表は、
「デイトレや短期トレーダー」のためのものです。
1日で売買を繰り返し、勝ったら天才、負けたら分析不足と落ち込むのです。

私には90円から「20~30円円高になる」という基本方針しか
ありませんから、
あとは、短期円安時に少しだけ買い増しをしていけばよいわけです。

マニュアルにも似たようなことを書きましたが
実際、今が短期円安傾向だとしても、

「長期円高傾向」が覆る理由が見つかりません。

市場と情報に振り回されて
都合よく「これからは円安だ、やっぱり円高だ」と
コロコロ方針をかえるひとは
デイトレや短期トレードをすればよいのです。

ゆったり
ドルショート投資をするならば
資金力とポジションを十分管理して
「絶対円高だから大量保有!だ」などと
過信をし短期的にポジションを増やさないでください。