FC2ブログ

ランド円で500万円の損失!!とうとうロスカット発動。

>>セオリー流180日間サポート<<
↓更新の励みになります。クリックお願いします。 にほんブログ村 為替ブログ 南アフリカランドへ
にほんブログ村

南アフリカランド日記 2008年8月4日更新

南アフリカランドが14円⇒9円台に?数分の間に5円以上の急激な下げ!!!


⇒ 南アフリカランド円でロスカットを免れるためには?
※ランド円、暴落の真実!下落相場でも生き残るためのレポート配布中、メルマガ講座も配信中



この話は、2008年8月に起きた、セントラル短資ロスカット事件の真相である。




朝の7時20分ごろかな、
知人から「ランドがやばいぞ」というメールが入った。


私は、

朝の7時にセントラル短資のHPにログインし、毎週のようにレートを確認してたときは、
何の特徴もないレートだと思っていたので、


その20分後の7時20分にランド円暴落の通知が知人からメールで届く事に疑問を抱いた。


もうすぐ仕事にいかなくてはならない時間だが、
再びセントラル短資のHPを開き、ランド円チャートを確認する。


なんとランドが9.9円になっている。

まさか・・・・・ってことは、


ランド円のポジションが強制ロスカットだ!!!!



現金500万円以上入っているセントラル短資の口座が一瞬のうちに0円になった。しかも、証拠金不足で100万円近い、追加入金を求められる羽目となった。



たった20分の間に天国から地獄である。



私はランド円の恐怖の暴落事件に完全にパニック状態になった。



それでも仕事へいかなくてはならないので

500万円が強制ロスカットされたことに

完全に冷静さを欠きながら、会社に向うために車に乗り込んだ。



会社へ向かう途中も、ロスカットのせいで記憶がない。

あとから振り返ると
よくこんな精神状態で車を運転できたなと思うほどだ。



午前中は仕事にならず、
会社でボーとしていた。



昼間は思い切って、同僚と焼肉を食べに行った。


その同僚に朝のロスカットの件を聞いてもらい
何とか、少しは冷静さを取り戻したが、


頭の中は、
今までのFX人生が間違いだったのか?走馬灯のように
ただただめぐり続けた。


ランチを食べおえ、午後の2時になると、


朝一、ランド円暴落のメールをくれた知人から再びメールが来る。



「朝一のレートってトラブルだったらしいよ」



「えっ トラブル?」



それを聞いた瞬間は、状況が飲み込めなかった。



朝一の14円から9円への5円以上もの急激の下げは

トラブルとはどういうこと?

私は、その知人に、我が身を忘れて理由を聞き出したかったが、

仕事中なので、メールで返信するしかなかった。




私は、大口投資家がランド円相場が15円になる手前に利益を確定し、

9円台で再び大口が大量買いを実行したと想定していただけに、

あの暴落が事実だと思い込んでいたので、


セントラル短資のレート表示のトラブルといわれても今いち理解ができなかった。


どうしても気になったので


仕事中ではあるが、
思い切ってメールを送った知人に電話をした。


「今、会社の外に出て、パソコンが近くにないからトラブルの状況が分からないから詳しく教えてくれ」

と、興奮しながら質問した。



詳しくは知人も分からなかったそうだが、簡単に言えば、やはり

「セントラルのシステムのトラブルで異常なレートになったらしい」

との事だった。



ってことは、


肝心な

「ロスカットは無効になるのか?」と

恐る恐る聞いてみた。



知人からの回答は

「なる。」だった。



おおおーい。

ホットしたけど、これは精神的にあまりにもつらい、

これはまさしく
セントラル短資が起したランド円レート異常事件だよ


ロスカットは無効になったとしても


この半日

呆然と立ち尽くし、ほとんど冷静さを欠いた状態でけど仕事をこなし、


元手が極端に減ってしまった私は、
これからどのように
資産運用やすのかどうかをものすごい考え

自分を見つめなおしたり、いろいろ考えさせられた。

最終的には、開き直って
もう、先のことは分からない!と無理やり心を落ち着かせようとしていたくらいだ。



それが、FX証券会社のただのトラブルだと知らされたとには
何とも、言いがたい気持ちである。

今後も、他の証券会社でも同様のトラブルが起こるだろう。

それと、今回はロスカットは取り消しされたが、いずれは本当の暴落が来て

ロスカットされる人達も出てくるだろう。


ランド円は危険だということが、こういった形で見られたことは

もしかしたらよかったのかもしれない。



とりあえず
2008年8月のセントラルのチャートを見れる人は見てくれ。
いずれ修正される可能性はあるが、
ものすごい針のようにピーンと暴落している。


やはり、ランド円は危険である。


⇒ ロスカット事件のその後100万円の利益?