FC2ブログ

FXでテクニカル指標は何を使えば良いか?

テクニカル指標を
あれやこれやと使いすぎて
パニックになっている人がいるようです。


セオリーさんは
チャートが読めなかった時代には
ローソク足の徹底研究をしていました。

ローソク足を見ていると
ある一定のリズムがあることが分かってきました。

30分足トレード手法は
このリズムを利用しています。



相場感を養うためには
ローソク足が一番重要なのは間違いないですが、
補足的に
テクニカル指標が便利になることもあります。

※いきなり
テクニカル指標に頼ることはお勧めしません。



ローソク足のリズムを感じれるようになったら
高値安値を意識しつつ、
移動平均線とボリンジャーバンドで
全体の相場を視覚的に見れるようにする。



相場感を
感じることが大切です。


MACDとかRSIとかストキャすとか
多くの有名な指標がありますが
正直、こんなにいりません。


たしかに
世界中で見ている人が多いだろう
指標ではありますが

ボリンジャーバンドと移動平均線とローソク足で
極めたほうが
後々、役に立ちます。

関連記事

0 Comments

Post a comment