FC2ブログ

FXで勝率にこだわるとトータルで勝てなくなる

FXはトータルで利益を残せる人が勝ち組となります
勝てない人には勝てないなりの理由があります。


その1つがどうしても勝率を気にしてしまう人です。


高勝率が良いと思っている人、勝率にこだわる人は
・チキン利食いになったり、
・損切り幅が大きくなってしまいます。



そもそも高勝率の手法のほとんどが
損と利益の比率が明らかに破綻したいかのような設定なので
どうやっても勝てません。


ただ、
短期間では勝ててしまう場合が多いので
一時的には勝率が良くても、


「エントリー回数が増えるほど」
破綻へ近づくという最悪の事態になります。


つまり、高勝率の場合、FXをやめれば勝ち逃げになるのですが、
そんな人はいませんよね?

勝ったら、また勝ちたくなるのが人間なのですよ


高勝率にこだわるよりも重要なこと


・勝率は40%から60%もあれば十分すぎます。
・エントリー回数も1日10回より3回のほうがリスクが減ります。
・月に500PIPSよりも安定して100PIPSのほうが良いです。




あなたがFXをやる理由は何でしょうか?
トータルで利益を残すことね?
1ヵ月後に利益が残っているのと、マイナスになっているのって
どちらが良いですか?


もちろん、利益が残っていたほうが良いですよね?
あなたも私もお金を稼ぎたいからFXをやるのです。


1回1回のトレード結果の積み重ねが利益を増やしていきます。


勝率90%を狙おうとすると
どうしても損切り幅が大きくなります。


あなたも
「自分の手法を過去チャートで検証すると分かると思いますが」
損切り幅がでかいと簡単に勝率が良くなることを実感できるかと思います。

コツコツ勝つことで
少しずつ利益が積みあがっていきますが、

不運にも連敗してしまうと
「ものすごいドローダウン」が発生してしまいトータルで利益が吹き飛びます


大きすぎるドローダウンが発生してしまうと、
取り戻すためにものすごい労力が発生しますのでメンタルが持ちません。
モモ鉄で言えば、キングボンビーが付いてしまうようなものです。


あなたが、今後FXで利益を残していくためには
高勝率でドローダウンが大きい手法は危険です。



関連記事

0 Comments

Post a comment